「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2017小学生テニス大会(新4年生・9歳6ヶ月)

曇り空、途中から時折雨も降る中、4年生になって初めての大会に参加してきました。

 

試合の結果

1R 6-7(5-7) Lost

 

 

試合展開

対戦相手は試合経験は少ないものの、兎に角コートにボールを入れ続けてくる非常にミスの少ないレトリーバータイプでした。

 

ゲーム序盤はサーブも安定していて自分のプラン通りのテニスが出来ていましたが、フィニッシュの精度が甘くポイントを献上していました。

 

内容は非常に良かったのですが、フィニッシュのミスの影響でスコアはイーブンの展開。

 

ゲーム中盤になると、スコアイーブンのプレッシャーからか、自分のプランを見失ってすっかり相手のロブロブペースにはまってしまいました。

 

それでも終盤には5-4と6-5の2回サービングフォーザマッチがあり、6-5の40-30ではマッチポイントも握りました。

 

マッチポイントでも良いサーブを入れ浅いリターンのチャンスボールを作り出すことに成功しました。

 

最後はフォアのクロスでフィニッシュ!・・・を狙いましたが、惜しくもネットにかけてしまいデュース。

 

ここから勝ちたいプレッッシャーから落ち着きと我慢を失ってしまって、トリッキーなプレーを選択する事が増えてしまいました。

 

タイブレイクでは、急にダブルフォルトが出始め、苛立ちから無理なライジングでミスをしたり、変な事を繰り返してミスでの敗戦でした。

 

 

振り返って(ブレイクスルーは継続中!)

前回と同様、1Rタイブレイクで負けはしましたが、成長と収穫の多い非常に良い試合だったと思います!(^^

 

  • 試合前のテンション、ウォームアップなど、これまでは「ぼけ〜っ」としたり、緊張で「どんより」したりする事が常なのですが、今回は先日の草トーと同じく親が何も言わずとも何もせずともリラックスした状態で臨む事が出来ました。テニス(試合)を楽しむという事に対する精神的な成長を感じ取れました。
  • 試合の中で積極的に色々なショットや展開をチャレンジしていたのは良かったです。これまでは保守的になって漠然とボールを打っているだけでしたが、沢山トライできていました。根拠が乏しく色々やり過ぎて策に溺れた感はありますが、今はこれでOK!続けて欲しいと思います。
  • 不安定だったサーブが見違えるほど安定していました。特に1stフォルトの質が良かったです。最後のタイブレイクではDFが出ましたが、そこまではサービスゲーム6ゲームで1~2本だったと思います。思い切ってサーブのアプローチを変えてみたのですが、これでようやく「不調の本当の原因」が自覚、理解できたようです。
  • 全開絶好調ではないものの、試合の最初からフットワークが固まらず、いつも通りに打てていました。またこれは偶然ではなくて、息子自身が「ある工夫」をしたのですが、それが功を奏した事は間違いありません。
  • サーブ◎ リターン◎ フォアハンドドライブ○ フォアハンドスライスー バックハンドドライブ△ バックハンドスライス◎ ボレー○ 特に悪いショットは無く、攻めのショットでミスが出た感じです。
  • 「何故、相手に合わせてしまうのか?」の原因が分かった。

 

 

こういった感じで、どんなタイプの相手であってもある程度は試合を作る事が出来るようになってきました。

 

ディフェンスだけをテーマに試合に入ったのですが、思いのほかオフェンスが試される場面が多くあり、そこにまだ対応出来なかった感じで負けてしまいましたが、確実にステップアップ出来ていると思います!(^^

 

次のステップとしては「どうやって勝つか?」ですが、今回の敗戦によって「そこ」に対して非常に興味が出てきています。

 

今までも「勝ちたい〜」と口では言っていましたが、真剣に考えた事はありませんでしたので「タイブレーク3連敗」は考え方を変える良い機会になっているようです。

 

家庭の教育方針として「失敗から学ぶ(ポジティブ)、楽しむ」という性質を身につけて欲しいのですが、そういう芽が出てきたのかもしれません(^^

 

実際、今の所、ことごとく「勝つテニス」とは真逆の事をやってしまっているので、幸か不幸か「伸び代」はたっぷりあります・・・(^-^;;

 

また、試合で使える武器も沢山準備できて来ているので、あとは武器の使い方を理解して、どんどんトライするのみです。

 

トライ、チャレンジの無い敗戦は単に辛く苦しいだけですが、トライ、チャレンジしていれば学びの材料となって積極的に楽しめます。

 

親が無理に下駄を履かせて良くしても偽物の成長なので次が続かない事が多いですが、今回は自らの意思が出てきているの中なので、これまでにず〜〜〜〜っとあった「後戻り」を感じません。

 

結果は別として、確実に積み重なり、積み上がってきています。初めてですね。

 

そういう経験を積み重ねる事ができればこの先に変化が出てくる事は間違いないと思います。

 
という事で、ブレイクスルーは継続中です!(^^ 多分。