「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

c4ピカソを洗車!

先日、C4ピカソ乗りのtomosan0919さんの

http://minkara.carview.co.jp/userid/1447665/blog/26990023/

この記事を読んでから、洗車したくて、洗車したくて。

明日から暫く雨のようですが、ようやくピカソを洗車しました。

せっかく洗車して奇麗になった車がすぐに汚れるのは悲しいですが、
うちはシャター付きのガレージ保管でなくカーポートしかないので、
「保護」の意味合い半分で洗車&ワックス(コーティング)をしています。

 

>ぴかぴかにみがいたボディに雨の滴が玉になって走るのって、
>すごくセクシーだと思わない?

 

こんな素敵な発想は微塵もありませんでした〜(^^;

 

 


さて、主な洗車グッズはこんな感じです。

f:id:toshitama:20120710091423j:plain



シュアラスターのカーシャンプー。
洗浄力よりも水切れ、泡切れが優先です。気に入ってます。
通常の拭き取りは合成セームで行っています。


次にコーティング剤はポリラック(エアロプレーン)です。
これは汚れ落とし、傷隠しの点で非常に優れています。
定期的にこれを施行しておくと、塗装面の状態が格段に良いです!
あと、ラップを貼ったような独特の艶も好きです。
難点は拭き取り後の静電気・・。すぐに砂埃が寄ってきます。
スーパーワイピングクロスとセットで使用しています。

そして、仕上げはゼロウォーター。
これは非常に静電気が少なく艶もでるのでポリラックの後の
最終仕上げで使用しています。ポリラックの欠点を補ってくれます。
ゼロウォーターに付属のクロスではなく、
シュアラスターの鏡面仕上げクロスで施行しています。

ゴールドグリッターはゼロウォーターと似た艶が出ますが、
ちょっと埃が寄るのでもっぱら内装専用です。
柑橘系の香りなので、不快感もありません。

あと、ポリラックの施行間隔が空いてしまい塗装に鉄粉を感じた場合は、
面倒ですがトラップ粘土がけを行います。
上手にやれば、コーティング効果が上がり、つるつる、つやつやになります。

 

 

 では、洗車に移りま〜す。
日陰が鉄則です!日向は絶対に絶対にNG!(シミになります!)

 

洗車前です。写真では分かり辛いですが、今回はかなり汚れています。

f:id:toshitama:20120710091839j:plain

 

まずは水を沢山かけて大きな砂埃を洗い流し、しばらく放置して埃を浮かせます。

f:id:toshitama:20120710092730j:plain

 

放置している間に、シャンプーを泡立てます。
先にバケツの底に適量のシャンプーを入れておき、
ホースの設定を一番強いストレートにして高い位置から
「じゃー」っと水を入れれば上手に泡立ちますね。 

f:id:toshitama:20120710092816j:plain

 

軽く撫でるようにして浮いた埃を泡で包み込み、そして水で 流します。
はい、シャンプー完了です。

f:id:toshitama:20120710095429j:plain

 

 

 今回は時間が無かったので、お手軽コーティングを試します。

f:id:toshitama:20120710095443j:plain

 

ポリラックの原液をキャンプ2杯バケツに入れます。

f:id:toshitama:20120710095502j:plain

 

そして、500ml程度の水を入れて希釈します。

f:id:toshitama:20120710095530j:plain

 

そこにゼロウォーター付属のクロスを浸し、これでボディー全体を撫でます。
簡易液体コーティング剤を塗り込むイメージです。 

f:id:toshitama:20120710095547j:plain

 

そして、数分後(乾かないうち)、一応水で洗い流します。
当然、まだ濡れたままです。

f:id:toshitama:20120710100440j:plain

 

この状態でぱっと水をかけると、水玉状態に撥水しているように見えます。

f:id:toshitama:20120710100447j:plain

 

しかし、じゃーっと水をかけると、のべ〜っと親水性に見えます。

f:id:toshitama:20120710100458j:plain

 

合成セーム(or鏡面仕上げクロス)で拭き上げます。

 

最後にゼロウォーターで仕上げます。(乾式)

f:id:toshitama:20120710102929j:plain

 

完成です! 綺麗かな?
ブラウンヒッコリーは分かり辛いですね〜。

f:id:toshitama:20120710102933j:plain

 

なにはともあれ、
大雨後の快晴続きが車には一番こたえると思いますので、
ギリギリ間に合ったかな〜!

 

 

 

さて、洗車やコーティングに関する個人的な見解でも書いてみますね。
経験からの単なる単なる素人の推測です。
※大きな間違いかもしれません。

 

 

Q1.実際、何ヶ月も効果が持続するコーティング剤はあるのか?
A2.きっとない。
 

上記の例のように水の掛け方ひとつで撥水、親水という
真逆の性質を再現できてしまいます。

常温で、しかも埃など異物が沢山ある劣悪環境でのコーティングに
あまり期待し過ぎても駄目だろうな〜と思います。
きっと表面に塗っているだけで、化学的に結合はしていないんでしょうね~(^^;

なぜなら、ボディーカバーをかけて雨に打たれていないミニは、
同じコーティング剤使用ですが、ばっちりコーティングが残っています!
塗装との相性などもあるかとは思いますが、
ミニも雨に濡れるてしまうとやはりコーティングが落ちていますので。

塗られたコーティング剤は雨で流れていますよ、きっと。

 
 
 

Q2.専門のポリマー加工、ガラスコーティングなどは意味あるのか?
A2.地肌磨きにこそ価値がある!

 

艶は光の反射具合で決まる。
つまりは、肌(塗装)のきめ細かさで決まるということですよね。

女性もファンデーションで毛穴を埋めてあげれば つるつるに見えます。
車も同じで、ワックスで微細な凸凹を埋めてやればつるつるに見えます。

ただし、埋めるだけでは誤摩化しですので、根本的に整えてやるのが良い。
塗装表面はウレタン系クリアコーティング?なのかな?
これを専門のコンパウンドを使用して、上手に上手に研磨する。

地肌が整えば、コーティングのノリも良くなり、
結果として艶も良くなり、コーティングの保ちも良くなる。
つまり、後々のメンテナンスも楽になる。 


地肌づくり、これは技術であり大変時間のかかる作業ですので 、
価値ある投資かと思います。 

 

 

 

総合すると、「まめな洗車とコーティング」が最も有効のように思います (^^;

 

 

 

ん?

f:id:toshitama:20120710104323j:plain

 

あ、僕も洗ってと。
ごめん、ごめん。 君はカバーがあるから、もう少し先ね〜。