「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

1.6Lダイレクトインジェクション・ツインスクロールターボ付DOHC16V

うちのピカソは

「1.6Lダイレクトインジェクション・ツインスクロールターボ付DOHC16V」

エンジンです。 (な、長い・・・。)

 

f:id:toshitama:20120728182013j:plain

 ※公式サイトより拝借しました。

 

 

VWのTSIエンジンに代表されるダウンサイジングの流れに則り、

BMWとPSAが共同開発したものだったですかね?

 

実際、トルクフルで割と燃費も良く、踏めばしっかり加速しますので、

性能的に全く不満はありません。良く出来たエンジンです。

 

 

 公式サイトによると

ツインスクロールターボチャージャー
タービンを駆動する排気圧力を2 系統の回路に分けて供給し、効率の高い過給圧を実現しています。ターボチャージャーはわずか1,000rpm から過給を開始し、1,400rpm時には最大トルクに、それが3,500rpm まで持続する驚異的なトルク特性を発揮します。

 

 

はい、確かに直ぐに最大トルクに達するようですので、

日常では意図的に引っ張らない限りは、ほぼ低回転域で事足りてしまいます。

 

 

 

で、ちょっとだけ気になるのが「ダイレクトインジェクション」ってこと。

5、6年するとカーボンが溜まって悪さしませんかね? (^^;

 

 

ちなみに、うちのピカソのマフラーエンド。
走行距離4,000Km手前ですが、こんな感じです。

f:id:toshitama:20120728164557j:plain

 

別にま〜ったく問題はないと思いますが、やっぱりちょっと黒い気がしますね〜。

 

せめてオイル交換のサイクルを短くした方が良いのかな〜とか思ったり。

 

 

しかし、公式サイトによると

 

連続可変バルブタイミング機構
運転状況に応じて吸排気バルブの開閉タイミングを連続的に変化させ、全回転域で理想的な燃焼を実現します。

 

 

とありますので、きっと大丈夫かな〜!? 大丈夫であって欲しい(^_^

 

 

 

 (駄文)

話は脱線しますが、直噴エンジンで思い出すのは、

確か1990年の中盤に三菱自動車が発表した「GDIエンジン」です。

後に訂正されたものの、発表直後は「世界初!」と謳っていたような記憶があります。

 

VWのTSIとは違い、あまり良い結果には結び付きませんでしたよね・・・。

 

確か1995年だったかな? 大学の講座の一つで三菱自動車の工場見学に行きました。

その時、「半年後に世界をあっと言わせる画期的なものを発表します!」

と、若手のエンジニアの方が我々学生に本当に誇らしげにプレゼンしてくれました。

それこそ、ジョブズiPhoneを発表するときのような自信に満ちあふれていましたよ。

かっこ良かった!

 

「それは何ですか?」と皆必死で教えてくれ、教えてくれとお願いしましたが、

絶対に教えてくれませんでした。 でも、エンジニアの方は満面の笑顔。

きっと、言いたくて、言いたくて、うずうずしてたんでしょうね〜。

それが「GDI」だったんですよ・・・。

 

 

他にも、三菱自動車のエンジニアの方が特別講師で講義にいらっしゃったことも。

確かパリダカのタービン?ターボ?の設計を担当していて、

高温と砂の環境がいかに過酷かについて熱弁をふるわれていました。

 

更に、1ドル360円を100円にしたのは政治家でも、銀行マンでも、証券マンでもない!

我々技術屋が成し遂げたんだ!ネジ一つの強度設計を間違うと人の死に繋がるんだぞ

技術屋魂を持って、もっと真面目に勉強せい!

 

と、かなり怒られたように思います。そして、ちょっと鳥肌がたって、感動しました。

 

 

 

つまり言いたかったのは、「あの時のエンジニアの皆さん熱かったな〜!」ってことです。「哲学があったな〜!」ってことです。

 

今はどうなんでしょうか? 現場は熱いのかな?

そして仮に熱くても、もう技術だけでは駄目なんでしょうね。

 

経営的にも、プロダクト的にも、もっと将来ビジョンをデザインできる有能なリーダーがいれば、

有能なエンジニアの方々を活かして、今日本が活躍していたかもしれない・・。

 

 

個人的には大の輸入車好きなんですが、日本車(企業)には頑張って欲しいわけです。

機械としてだけではなく、文化として追いついて欲しいわけです。

 

Mazdaのガソリンの高圧縮「skyactivエンジン」なんて、

めちゃくちゃ良いじゃないですか! 

チャレンジしたな〜やったな〜って感じじゃないですか!

今度こそ、技術単発じゃなくて、トータルで勝負して成功させて欲しいですよね!