「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン1回目

11月よりテニススクールに通うことにしましたので、毎回のレッスンの特記だけでも記そうかなと思います。

 

 

 

初中級 Sコーチ 受講生4名

 

主なテーマは「フットワークから下半身、上半身、腕の連動」

 

(主なメニュー)

  1. サーブ
  2. ショートストローク
  3. ボレーボレー
  4. 球出しからのフォア、バックストローク各種
  5. 球出しからのフォア、バックボレー(ストレート、クロス)
  6. 2分間ストローク
  7. ダブルスの試合

 

 

(感想)

バックハンド(ダブル)のテイクバックでヘッドを落とすか?or立てるか?を相談。

基本的には落とさないさない方が無駄な動きを排除できて良いとのこと。

ちょっと試してみよう。

 

 

Sコーチとのストロークでは回転力のあるボールにラケットが押され、全く打てなかった。

プロスタッフMID(85)、球出しでは問題なくても生きたボール相手では使いこなせない。

この打球感は最高だが、もう少し実力にあったラケット使用の必要性を痛感。

 

懲りずにWilson six.one95はどうかと相談してみたが、せめてWilson BLADE98 BLXくらいはどうかと。

 

おそらくこれでも実力に対してオーバースペックかと思うが、こちらの「快楽テニス」への趣味性?を感じ取ってくれた模様。流石!

 

あ、ちなみにフィッシャーのバキュームプロMID(90)を持っていったら、「あ、これも難しいですね・・・」と即答で却下されました(^_^;

 

やっぱりね〜。

 

 

 

でも、コーチの回転力のあるボールを打たせてもらって、めちゃくちゃ楽しかったです。

 

スイッチ入りました。

 

そして、今回もお尻が筋肉痛・・・。

 

内ふとももも筋肉痛・・・。

 

 

 

 

 

ちなみに、先週の体験レッスンでのテーマは「打点を落とさない」。

サーブでは打点が低くなって、スイートスポットより下で打っていることを注意された。

そして、体はボロボロ・・・。スーパー筋肉痛・・・。

 

 

 

こんな感じですね。