読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

絶好調〜宣言!?

d.車

めっきり寒くなってきましたね〜 (^ー^

ってことで、D様で「タイミングチェーン テンショナー」の交換をしてもらいました〜 (^^



って、これだけじゃ意味不明ですね?




参考までに簡単な経緯報告を。




我が家のピカソ、かれこれ数ヶ月前かよりエンジンからちょっとした「異音」が発生していました。

※気がついたのがその時だっただけで、以前からあったのかもしれませんが。



まず音の種類としては、

1.金属的なガチャガチャと言う音
2.樹脂系パーツに何かがあたって?がゴトゴト言う音


の2種類です。


前者の音は「異音」とまで言って良いのかどうか素人には判断が難しい感じ。
逆に後者の音は明らかに「何か変!」と素人が不安になる音でした。



また、異音の発生状況(タイミング)ですが、常時発生している訳ではなく、エンジン始動時などの冷間時が多いような感じです。走行中に消えてしまっていることも多いです。

ただし、30km程走行後十分に暖まっている時に発生することもありました。



そして、寒くなってきてその頻度が高まってきたような?気がします。



で、その状況を動画で撮影し、ECUのアップデート入庫の時にD様に相談したところ、「タイミングチェーン テンショナー」の交換を勧めて頂きました。


D様では音の確認はできなかったので過去の症例からの推測にはなるが、タイミングチェーンに十分なテンションが掛からないことによるものではないかと。

完全にこれが原因とは言い切れないものの、これが最も怪しいとのことです。

※2.0NAエンジンはタイミングベルトですが、1.6Tエンジンはタイミングチェーンです。





というのが簡単な経緯です。


そして、先日部品が入荷したとのことでテンショナーの交換をして頂きました。



取り外した部品を手に取って詳しく説明して頂いたのですが、新品に比べてピストン?(が柔らかくなって)押す力?が弱くなっているとのことです。

これは7,000km走行によるものなのか、元々の部品の品質のばらつきなのかは不明です。


ちなみに今回の交換部品は対策部品ではありません。







で、交換後 数日間乗ってみたピカソの調子ですが・・・・




・いまのところ異音の発生はありません!
・金属音が軽減されてエンジンが静かになった!
・エンジン始動直後の停止時の振動が軽減された!
 ※フロアの微妙なぶるぶる感



って、ことで非常〜に良い感じになりました!(^^


これは 絶・好・調 かも〜!? (^▽^


シトロエン栗東様、どうもありがとうございました〜(^^