「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

Wilson BLADE98 BLX 購入した〜!

f:id:toshitama:20121126121234j:plain

上から

  • 「Wilson BLADE98 BLX」
  • 「Wilson Pro Staff MID(85)」
  • 「Fischer Vaccum Pro MID(90)」

です。

 

 

さて、打球感が最高のプロスタッフミッド、単発のショットではなんとかなりそうだと思っていたのですが、生きた球を長く打ち続けるのは難しいと痛感・・。

 

  • スイートスポットが小さく、外れた時は面のブレが大きく死んだ球になってしまう。
  • トップライトなので自分で振って球を潰せなくなった時は死んだ球になってしまう。

 

サーブ、フラット気味のフォアリターン、パッシングショット、ボレーヤーの足下へ沈めるショット、ロブ・・etc、コントロール性能は抜群なのですが、今の技術では上記2点の欠点の方が大きいため、一度ラケットを変更してみようと思います。

※打点を安定させるフットワーク改善の方が重要なんですが・・(^^;

 

 

 

そこで、今回選んだのは「Wilson BLADE98 BLX」です。(コーチのおすすめ)

 

 

パワーアシストは過剰でなく、それなりに打っていくことが求められそうなラケットですが、トップヘビー気味なので重みを生かしたストロークが出来るかもと期待しています。

 

あと、スイートスポットが少し拡大すると思いますので、苦手のバックハンドや力んだ時のフォアの当たり損ないの改善?(誤摩化し)も期待しています。

 

ちょっと実力以上のラケットのような気もしますが・・・。

 

さて、吉と出るか凶と出るか・・・(^^;

 

 

 

 

 

(おまけ)

 

ところで、これはヨネックスのRQ-180。

f:id:toshitama:20121126153043j:plain

テニスを始めた時に親類から借りて使っていたものですが、超初心者ながら「打球感の無さ」がしっくりこず合わなかったですが、未だに手元にあります。

 

 

そしてもう少し「スパン!」としたクリアな打球感が欲しくて、ラケットの選び方も全く知らないくせに安さにつられて衝動買いしてしまったのがこれ。

 

Wilson Pro Staff Tour Classic 95(Jim Courier)。

f:id:toshitama:20121126153035j:plain

見た目の派手さとは違い、そこそこ何でも打ち易いオールラウンドなラケットだっと思います。確か後輩に貸して、そのままになってしまったような気がします。

 

 

 

技量的にラケットどうこう言える分際でもなく、このクーリエラケットで十分だったのですが、ふと友人のプロスタッフミッドを借りて打ってしまいました・・・。

 

 

もう、感動、感激です。

 

一瞬くわえ込んでからスパンと飛び出す、あの独特の打球感にノックアウトされてしまいました。

 

当時は若くて筋力もそれなりにあったので、上級者向けとは知りつつもプロスタッフミッドにラケットチェンジしてしまいました。

 

 

途中、Fischer Vaccum Pro MID(90)にも手を出してみましたが、スピードやパワーはバキュームの方があったのですが、全体的にミスが多くなってしまったりで、自然とプロスタミッドの方に戻っていったような気がします。

 

 

その他、随分以前に誰かから頂いたヨネックスのR-70、R-22、RD-28などの往年のラケット達も何故か家にあったりします。

 

 

これ以上ラケットが増えないようにしないといけませんが、既に嫁さん用の次期ラケット選びを勝手にして楽しんでしまってますので、おそらくまた増えそうな気がします・・・。

 

 

 

 

おわり