「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

次月テニス 自分なりのテーマ

テニスを再開して約1ヶ月経過。

 

 

11月は

  • 体を活性化させること
  • テニス感覚を思い出す事

これが精一杯の目標だったが、それは何とか達成できたと思う。

ようやくレッスン後の筋肉痛の度合いも和らぎ、慣れてきたし (^^;

 

そこで、次月12月はちょっとしたテーマを持ちたいと思う。

 

 

 

1.常に最適なポジションに構え、打点を安定させる

上手な人程、フットワークをさぼらないですね。自分が打ったコースや深さに応じて返球のコースを予測しポジションを修正している。その為に集中して観察し、かつ頑張って足を動かしている。更に、決してべた足では打たず、センチ単位で最適な打点に持っていくように細かく足を動かしている。スタンス、テイクバックも極力一定。これを意識して真似て行きたい。

 

 

2.左右のボールへの反応を高める

頭では20代の頃の反応をイメージしているのですが、流石に一歩が出ない・・・。ショック。足腰の筋力?が付いてくれば前後はなんとかなりそうだが、左右のボールへの反応が異常に悪い・・・。相手前衛にボレーされたり、コーナーへサービスを入れられた時などがそう。反射神経と体の動きを連動させるトレーニング?が必要か?まずは練習中に意識して、諦めずに反応する、追うということをやってみようと思う。

 

 

3.サービスのコースの打ち分け

80%程度の力での2ndサーブをコースに打ち分け、それを100%成功させるようにしたい。トスの位置、タイミング、腕の振りを理解(検証)し、安定させれば案外いけそうな気がする。

あと、今はスライスとスピンの間の子?みたいな回転になっているような気がする。漠然と打つのではなく、この辺りの検証もしていきたい。

 

 

4.バックハンドの克服

未だに最も苦手なショット。未だにしっくりくるフォームやグリップも分からない・・。が、これまで無意識にやっていた右手主導のバックハンドから左手主導のバックハンドに変えよう!左手フォアの感覚。最大の問題は「面」を全く感じられていないことであり、その為にビビってあてにいったり、毎回玉質が変わってしまったりで、検証できず混乱してしまっている。テイクバックやグリップなど、フォームは無視する。兎に角、左手で「面」さえ感じられればどうにかなるような気がする。

 

 

5.ボレーの改善

手首がロックされずに緩んでしまうクセ(欠点)を改善したい。ラケット変更も相まって、ちょっと良い感じ。更に、これまではコンチネンタルよりはイースタンに違いグリップで打っていたが、一度コンチネンタルに戻して試してみようかな。

あとは、激下手なローボレー・・・。ふと気付いたことがある。「ローボレー」という言葉に惑わされて、できるだけ地面すれすれの低いところで打つべきだと思い込んでいた。しかし、わざわざ待って落とすよりは、そのまま早めに動き少しでも高い打点で打ちローにならないようにすべきでは?と。当たり前のことだが、何故か勘違いしていた。手首に加え、そこの意識からも改善してみたい。

 

 

6.フォア、トップスピン系への球筋変更

これまではどちらかというとフラットドライブ系の球筋だったが、ラケット変更も行ったので、少しトップスピン気味に球筋を変更してみようかと思う。

上手くなったら、草トーナメントのシングルにエントリーしてみたいので〜。

 

 

 

書き出すと随分欲張ったな〜と思いますが、12月だけでなく当面の目標ということで取り組んでみたいと思います!