「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン6回目

初中級 Sコーチ 参加者7名

 

(主なテーマ)

  • 前に行きながらのボレーの時、必要以上に大股にならず普段の歩幅をキープする
  • 足を動かせるのなら、打点を安定させることを意識する

 

 

(主なメニュー)

  • サーブ
  • ショートラリー
  • ボレーボレー
  • 球出しからのストローク(フォア、バック)
  • 球出しからのボレー(フォア、バック)
  • 球出しからのアプローチ&ランダム
  • ストレートラリー
  • ダブルスゲーム

 

 

(感想、メモ)

タイブレーク形式のダブルスを2試合行ったが、あまりにもミスが多い。

 

傾向としては、バックハンドのロングのエラーが顕著。

後は、力を加減し過ぎてのフォアのネットorロングのエラー。

 

バックハンドは「頭で考えながら振っている状態」なので、打点の幅が少なくエラーの確立が高い。素振りなどを多くしてみたり、数多く打ち込んだりして、「考えなくとも振れる状態」になれば、ある程度の打点雄幅を持つ事が出来、エラーを減らす事が出来そう。

 

フォアは相手を気に気を遣わず、振り切ることさえ意識すればエラーは減らせると思う。

 

ちょっと負け癖がついてきたので、「勝ち」に拘ってみよう〜!(^^