「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

愛車6号:シトロエン c4 ピカソ 1.6T(citroen c4 picasso 1.6T)

現在所有の車です。(ファーストカー)

【追記】過去所有の車です。所有期間は2012年4月〜2015年10月の3年6ヶ月(4.3万km)でした。



シトロエン C4 ピカソ 1.6T(6EGS) 純正の17インチホイール(Roslilde)。
カラーはブラウンヒッコリー。カーナビ(GORILLA NV‐SD740DT)、ETC、バックカメラが主な追加装備です。

登録1年未満、走行距離800Km程の試乗車を購入しました。
2012年4月〜なので、現時点で所有期間2ヶ月程です。













【購入まで】
軽快なミニ1000(ジョン・クーパー)と快適なアヴァンタイムという組み合わせは最高で、
よほどの事が無い限り、乗り換えはないと思っていた。

しかし、アヴァンタイムに落とし穴が待っていた。
それは、「主治医が見つからないこと」・・・。


9年近くなる車輛ですので、長く良い状態で乗り続けるには各部を早め早めに
リフレッシュしていきたい時期になります。

しかし、県内のルノーディーラでは、満足に診てもらえない状況。
車検まで半年を切り、何とかしようとラテン系の輸入車専門店を沢山あたってみましたが、
やはり良い感触は得られず・・・。

細かい事は割愛しますが、「主治医探しに疲れた・・・。」 この一言です。

※彦根の共栄自動車?だったかな、c4ピカソでのキャンプの道中にたまたま通りかかりました。
 そこには何とエスパス4が2台も並んでいて、他にもルノーばかり!
 おぉ・・こんな所に・・。早く知っていれば、アヴァンに乗れていたかもしれませんね。
 後悔はありません。これも「縁」ですね。




乗り換えたいというよりは、「乗り換えねばならない」という気持ちになり、
週末の出先の帰り道、急に「VWシャラン」と「シトロエンC4ピカソ」を
見に行こうということになりました。

1.フォルクスワーゲン シャラン(SHARAN)
まずはVWシャランです。DSGと広いトランクが魅力です。
試乗車はありませんでしたが、展示車を見せていただきました。

流石にトランクは広い!キャンプも余裕そうです。
しかしよく見ると、車幅、全長ともにビッグサイズです。

そして、やはり内装はいつものVWです。
あくまで個人的な好みの問題ですが、このプラスチックの質感が軽過ぎてあまり好みではありません。

メカは魅力的だったんですが、候補からは外れました。



2.シトロエン C4ピカソ(Citroen C4 Picasso
続いてC4ピカソです。
アヴァンタイムの前に購入直前まで行きましたので、内心これしかないと思っていました。

マイチェン後は初めて真近で見たのですが、「お!格好良い!」と思いました。

販促的なマイチェンの場合、デザインではなく「変える事」が重要であるため、
ヘッドライトをかくっと段付きにしたり、メッキを増やしたり、クリアテールにしたり。
もとのデザインが台無しで残念だと思う事が多いのです。

が、ピカソの場合は流行のLEDを取り入れつつも、もとのデザインコンセプトをしっかり租借し、
上手にまとめあげているなーと関心しました。

そして、久しぶりに車内に入り、シートへ座ります。


「うわー、やっぱり何か楽しい〜!」

数年前の感動が、そのままここにあります。
しかも、シートが少し固めなものに変更されていて、腰痛持ちの私にはこちらの方がぴったりです。
ふんわり感はもとの方が上ですが、座骨神経痛が出ている時は、ちょと辛かったのです。


ピカソと我が家の距離が急速に近づいてきます。

内装もピアノブラックの使い方、ベージュのダッシュボード、どれをとってもため息が出ます。

「やっぱり、うまいな〜。」

目指す車のキャラクターがしっかりしてるのを感じます。


この時点で大分とテンションが上がってきましたので、試乗にうつりました。
運転者は嫁さんです。私は2列目です。


走り出した瞬間、「あははは〜〜。(笑)」

あまりの、「快適などんぶらこ」に笑いが止まりません。
これはもう車じゃないよな〜。(笑)

6EGSは相変わらずちょっとクセがありますが、ピカソのキャラに合っています。

この時代でも、ラテン車の王道を行ってます。
シトロエン、凄いな〜。 でも、万人受けはしないだろうな〜。 



もう、アヴァンタイムを忘れるにはピカソしかありませんでした。
担当営業の店長Fさんも、こちらの経緯を理解してくださいました。

社長の息子さんで後継ぎですので、いわゆる「サラリーマン根性」「役所対応」とは無縁です!
※サラリーマン、役所が駄目という意味ではありません。あくまで一般概念としてのものです。

嫁さんも納得し、まさかまさかの当日契約となりました。
この出費は本当に痛かったのですが、一度限りの人生、楽しもうと思います!
シトロエン栗東の店長Fさん、よろしくお願いします!


【所有してみて】
まだ慣らし運転も終わってないですが、生き物的な「愛車度合い」が非常に高く満足です。

6EGSはMT車であることを理解して、車と呼吸を合わせれば楽しく運転できます。
「つんのめる」のは1速→2速だと思いますが、MTだと思えば上手な方ですよ。

個人的に感じる変速のコツですが、
20km/hを過ぎたあたりで変速するのですが、加速具合を調整するとスムーズにいくように思います。

・20km/hの変速時にアクセルを抜くと、ガツンとつながってしまいます。
・20km/hで一定だと、ガツンとつながってしまいます。
・勢い良く加速しながら20km/hをむかえると、ガツンとつながてしまいます。
・18km/hから22km/hを3秒程度かけてゆっくり加速すると、ショック無くスムーズに変速します。
 ※アクセルの踏み具合は一定になる。

分かり辛いですが、こんな感じかな?
EGSの学習具合や、気温湿度などでも結構変わると思いますが、いまのところこんな感じです。


まだまだ、マスターできてません。
先輩ピカソ乗りの方々に追いつけるよう、研究していきます。


ハンドリングの印象ですが、予想と反対で直進よりも曲がるのが得意です。
直進性はそこそこかと。これはまだ足回りが馴染んでいないからかもしれません。


「どんぶらこ」については、やはり子供は酔い易いかもしれません。
4歳になる息子が、「ちょっと気持ち悪い」と言い始めました。

年齢的なもの、体調などの複合要因かとは思います。
新車の匂いがまだ強く残っていて、こちらの方も助長しているようです。


ひそかに気に入っているのは、アンビエンスイルミネーションです。
夜間のドライブでは雰囲気が和み、リラックスできますよ。センス良過ぎです!



キャンプでは大活躍の我が家の「ピカちゃん」です。
今度こそ、永〜く乗り続けたいと思っています!