「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン11回目

初中級 Sコーチ 参加者:7名

(主なテーマ)

  • ゲーム感覚を養う

(主なメニュー)

  • サーブ
  • ショートラリー
  • ボレーボレー
  • 球出しからのストローク(フォア、バック)
  • 球出しからのボレー各種(フォア、バック)
  • 球出しからのローボレー&ボレー
  • 球出しからのアプローチ&ランダムボレー
  • ダブルスゲーム3試合(タイブレーク

 

 

(メモ、感想)

過去2週サーブやリターンからのゲーム形式を学んだので、今日は試合を多く行って実戦感覚を習得する場であった。

 

3戦全敗という悔しい結果で、課題も多かった(T。T

 

速いフラットサーブに対するリターンミス(ネット)があった。コンパクトに振ることと、スイングの軌道をもう少し下から入れるように修正する必要がある。

 

あと目が早く切れてしまっているのは反省。フェデラーのようにインパクト後までしっかり目を残したい。

 

速い展開の時や攻め込まれた時に打ち込むコースに工夫が必要。そこそこのスピードで返しても相手が中級者なら楽に決められてしまうので、相手の陣形を把握しておきイーブンに戻すコースを判断すること。特にバックのスライスが浮いたので、バックもトップスプンで足下に沈められるように練習したい。

 

 

☆コーチからの金言

ゲーム中攻め込まれた時は足を固定して面をコンパクトに作り、前方向に合わせて対応する。下手に下がりながら焦って手打ちになったり、打点が後ろになったりすると駄目。

 

 

 

個人的にはサービスフォームの修正(プロネーション、トス位置、振り出し方向)とフォアハンドの修正(リラックスして腕をムチのように使いスピン量を増やす)をテーマにしていたが、どちらもまあまあ良い感じだった。