「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン12回目

初中級 Sコーチ 参加者:6名

 

(主なテーマ)

  • チャンスは油断せずに足を使いしっかり決めきる
  • ピンチでも最後まで諦めずに足を使う

 

(主なメニュー)

  • サーブ
  • ショートラリー
  • ボレーボレー
  • 球出しからのストローク(フォア、バック)
  • 球出しからのローボレー&決めボレー
  • 球出しアプローチからの1ポイントゲーム
  • ダブルスゲーム

 

 

 

(メモ、感想)

ボディーへのリターンに対する反応が非常に悪く、あげく空振り・・・。

これはフォアかバックかどちらで対処するか迷っていることも一因だが、スプリットステップが正しく出来ていないことの影響の方が大きいように感じる。

 

いつもコーチに注意されていることだ。

 

どこの方向へも動けるニュートラルポジションをつくるべきだが、意識しているのは前後方向のみで、無意識で「フォア」で打つ事を想定していると気付いた。

 

そこにバックで対応すべきボディーのリターンがくると・・・体が動かなくて「うぅ」となってしまう。

 

前後だけでなく、左右方向もしっかりとニュートラルな状態をつくるスプリットステップをマスターしたい。

 

 

あと、練習時にチャンスボールを6割程で返すのが下手・・。スピンが掛からずバックアウト。相手を気にせず振り切ると入るが、それでは練習が続かない・・・。コンパクトに引きつけて振り切る技術も必要。

 

その一方、フォアハンドの修正は良い感じ。気持ちリラックスして手首の角度をキープし、ボールをつぶして面をかぶせ気味に左の腰あたりにフィニッシュする打ち方を試したが、明らかにスピン量が増えて伸びていた。薄ラケの打ち方である(?)スイートスポットのほんの少し先下側で打つ事もBLADE98でも出来た!これは発見!(^^

 

 

あと、日常でストレッチ、腹筋、腕立てなどの超軽い筋トレとラダーもどき(?)を週に3、4回行っている効果か、少し体が動くようになってきた。

 

ラダーを本格的にやると、老いた体にはジワジワと効果があるように思う(^^

 

 

足が動かない、踏ん張れないのをシューズのせいにしてオムニコート用のシューズを買おうとしたり、スピン量を増やすためにハイブリットでガットを貼り直そうとしたり、すべて道具のせいにしようとしていましたが、全ては「己の技術」に原因があることがハッキリしました(^^;