「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン21回目

初中級 Oコーチ 参加者:4名

 

(今日の整理)

今日は午前中は練習会への参加、その後スクールでテニスを行いました。

そして4月の草トーナメント前、最後のテニスでした。

 

試合前ということで、今日は特にサーブの練習、具体的にはファーストとセカンドの間の1.5サーブ(トップスライス)をきっちり2本コースに打ち分けられるように取組もうと思っていました。

 

さて結果は・・・・ちょっと迷走中です・・・・(^ー^;

 

 

その主な理由はコイツ↓ です。

ニューウェポン、プリンスのレベル95(Prince REBEL95)です。

f:id:toshitama:20130402153538j:plain

 

 

試合直前にも関わらず、調子の良かったBLADE98を使わずに、これを一日使っていたんです。

 

基本は同じようなスペックなんですが、ブレード98に比べてレベル95は「完全ボックス形状、1mm薄く、トップライト、3平方インチ小さい」ということでやや飛ばないスペックになっています。

 

迷走の原因は「飛び」ではなく、トップヘビーのブレード98に対して、トップライトのレベル95というバランスの違いです。

 

想像以上に最適な打ち方が違いますね〜(^ー^;

 

 

 

やはり個人的にはサーブはトップライトが打ち易い!スピン量も調整し易いです。

 

ボレーもトップライト(※レベル95はボレー最高!)が打ち易い。

 

しかし、ストロークはトップヘビーの方が誤摩化しが効きます。トップライトだと、しっかり腕をしならせて正しく打ち抜かないと良い球は行かないですね・・。

 

力んだり、打点がずれて面だけつくって合わせていくようなスイングになった時は駄目駄目です。

 

 

総合的に

 

  • サーブ、ボレーはREBEL95が優勢
  • ストローク、リターンはBLADE98が優勢

 

という状態になっています。

 

調子の上がってきたストロークはそのまま維持して、サービスのコントロールだけ強化したかったんですが、サーブのコントロールは良くなったもののストロークの調子(質)が下がってしまいました。

 

 

さて、来週、どっちで試合に挑むべきか・・?

 

 

困った困った (^〜^;;

 

 

 (反省点)

先週調子の良かったフォアハンドが駄目でした。

 

右足のステップ、左肩のねじり、垂直な軸・・・漠然とスイングしてしまってこれらが上手く消化できませんでした。

 

トップライトなラケットで、腕でスイングしてしまっていたのが悪かったようです。

 

あ〜、テニスは難しいですね (T、T