「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン27回目

初中級 Oコーチ 参加者:5名

 

さて、今日はフォアハンドの下半身の捻り、軸足(右足)への加重を意識しようとレッスンに臨みました。

 

初めの球出しからのストロークではそれなりに意識していたのですが、その後の軽いポイント形式?の練習では・・・つなげる事を意識してしまったので、すっかりテーマ忘れてしまっていました(^^;;

 

 

本当は他にも

 

  • 手首中心ではなく肘を中心にしたワイパースイングを試してみたい。
  • 久しぶりにしっかりとフラットなフォアハンドを打ってみたい。
  • エッグボールのように潰すスピンと引っ掛けるトップスピンの打ち分けのポイントを使いみたい。

 

など、色々と試したいことがあったのですが・・・すっかり意識の外へと行って

しまいました・・(^^;

 

また、次回のレッスンで取り組みたいと思います。

 

 

 

 

 

ちなみに、今日は久しぶりにプリンスのレベル95を使いました。

 

草トーナメントで懲りたレベル95ですが、メインラケットのブレード98 BLXのアルパワーラフが緩んで飛び過ぎなんです。

 

ちょっと暴れてしまって、コントロールが難しいのです。

 

ま、アルパワーラフに張り替えてから3ヶ月も経過しているので、当然ですよね〜。

 

でも、全く切れる気配はありません・・・(^^;

 

コーチにも言われていましたが、今のテニス頻度でポリにするメリットはあまり無いのかもしれませんが、それでも一度ポリを使ってみたかたんですよね。

 

ポリは賞味期限を過ぎると「ストリングスが死んで飛ばない」と聞いていましたが、個人的にはナイロンと同じくテンションが落ちてきて飛び過ぎると感じています。

 

飛び出しの角度や距離が自分の感覚とズレてきているので、流石に賞味期限かもしれませんね・・・。

 

 

 

 

さて、トップライトのボックスフレームであるPrinceのREBEL95。

 

これを使うにはしっかりとしたスイングが必要ですが、良い練習になるかと。

 

そして、このラケットはボレーのフィーリングが抜群に良いんですよね〜。

 

BLADE98はどうしてもイメージより上目に飛び出すんですよ。

 

 

 

今の技術では使いこなせないのですが、もう一度チャレンジしてみようかと思っているところです。

 

さて、どうなることやら・・・。