「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン40回目

初中級 Oコーチ 参加者:5名

 

 

今日の個人テーマは先日取り組めなかったサーブの改善です。

 

色々と考えた結果、スピードとコントロールと安定感をバランスさせることを目標としようという結論に達しました。

 

その為には何か一つだけに偏ったものではなく、基本に立ち返ってオーソドックスで理にかなった体の使い方をマスターすることが必要になってきます。

 

 

ここの所、色々な打ち方を試してきましたが、「前後の大げさな体重移動を控えて膝の曲げによるパワーを積極活用する方向」が自分に合ったフォームかと思います。

 

そう、ボリス・ベッカーのようなイメージです! 

勿論、そんなに上手いわけはないですが・・・(^-^;

 

 

もう少し補足すると、トス位置を頭寄りにすることで上体の捻りも自然に入りますし、左右の肩の高低差が生まれ、打点を上げても耳と腕の間に角度が確保されるスリークオーター気味のフォームで打つ事が可能になります。

 

これが出来ると肩への負担もぐっと少なくなりテニス肩などの怪我の予防にも繋がりますし、スピン量やコースの制御も比較的容易だと感じます。

※個人的な感想ですが・・・。

 

イメージとしては、膝の曲げ(ジャンプ)による上方向への力によってボールに縦回転を与えられるので、スイングはやや前方方向に厚く振ることができ、ある程度のスピードとスピン量のあるサーブが打てるのではないかと。

 

 

 

さて、問題は・・・筋肉がもつかどうか・・(^▼^;;

 

暫くは、使ってなかった部分の筋肉を鍛える必要がありそうですが、無理せずボチボチやっていこうかと思います。

 

 

 

 

あ、そうそう、遂に初中級から中級(夜間)にクラス変更を行いました!

 

特に厳格なレベルチェックがある訳でもなく、すんなりOKでした。

 

今の自分よりもクラスのレベルが高いので、足手まといにならないよう、しっかり集中して練習していきたいと思います!  

 

楽しみです〜 (^^