読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

ミニ1000 点火系の不調!? から復活!?

テニス練習記録以外、久しぶりのミニ(車)の記事です。しかも夏のこと(^^;

 

 

では、故障記録?として。

 

 

簡単な経緯としては、確か2013年の春頃から暖気運転後の発進時に「ガタガタ」というスナッチ?が発生し、マフラーも「ガタガタ」とボディーに干渉するような症状が出ていました。

 

クラッチのジャダー?ギア抜け?なども考えましたが、良く分かりませんでしたし、気になるものの少し走れば収まるので長い間様子見をしていました。

 

 

 

そして時は流れ夏。

 

7月中旬にミニが夏バテでお漏らしです。

http://toshitama.hatenablog.com/entry/2013/07/16/214603)

 

 

水温上がりはサーモ交換でばっちり直ったものの、スナッチ?の件は相変わらずのまま。

 

 

そして、8月の中旬辺りから朝一番だけでなく、十分に走行した後や走行中にも突然エンジンが不安定になる現象が1日に1回程度発生し出しました。

 

 

そして9月上旬、そのエンジン不調?の頻度が高まってきたので、一度主治医に診てもらおうとした矢先・・・。

 

 

汗だくで帰宅した嫁さんから・・

 

「走行中にエンジンの回転が激しく上下する!」

「信号待ちでエンストした!」

 

と。

 

 

 

さて、主治医に診てもらうにも、自走できるのか?

 

エンジンを掛けてみると・・・タコメーターが踊っています(^-^;; 嫌な感じです。

 

 

 

 

ここでちょっと魔が差しまして・・・。

 

「たまには自分で応急メンテ?くらいして、主治医のところに行ってみようか?」と。

 

これが結果的には大失敗でした。

 

 

 

 

乏しい知識を振り絞って、トラブルを切り分けます。

 

 

 

  1. スナッチのような症状
  2. タコメーターが踊る症状

 

これは別物として考えました。

 

 

 

 

1.スナッチのような症状

以前から発生していたスナッチのような症状は発進時のトルク不足であって、慢性的に良い爆発ができていないのでは無いかと仮説。

 

 

○ガス

未だメカポンプのままですが、フィルターなどを観察する限りガス自体は来ている様子。SUツインキャブの動きも・・・問題なさそう。(自信無し)

 

○空気

K&Nの丸形エアクリ(パンケーキ)、取り付けて1年以上(1万キロ以上?)一度もメンテしてませんでしたので、結構汚れています。これはどのみち洗浄が必要です。

 

○点火

エアクリ同様、プラグは一度も交換していません。これもどのみち交換が必要です。

 

オルタネーターはリビルト(中古)ですが、昨年交換しているので無事だと思いたい。

 

デスビキャップ、ポイント、コンデンサー、ローター・・・この辺りはノーメンテ。怪しい。

 

プラグコードのリークはなさそう。ハーネス断線などであれば完全にお手上げです。しかしどちらも慢性的な症状とは違う?むしろタコメーター踊る方が近いか?

 

 

 

2.タコメーターが踊る症状

これは突然出た症状。どうも電気系統?っぽい???

 

 

 

 

 

 

という切り分け?をして、どちらにしてもやらねばならないメンテから行う事にしました。

 

 

 

早速、スパークプラグ、プラグソケット、K&Nメンテンスキットを購入しました。

f:id:toshitama:20130907122631j:plain

 

 

エアクリです。汚れています。

f:id:toshitama:20130907134352j:plain

 

 

クリーナーをスプレーして乾燥させ、オイルをしみ込ませました。

紫色にはなりませんでしたが、綺麗になりました。

f:id:toshitama:20130908170147j:plain

 

 

 

配置が左右反転していますが、プラグはこんな感じです。

ラジエター側の1番、2番がちょっと黒いかな・・・。

f:id:toshitama:20130907143534j:plain

 

 

 

エアクリとスパークプラグを交換して、直っていることを期待してエンジンを掛けました!!!

 

 

 

「ブオン!」

 

 

いつもよりも柔らかく力強く始動しましたが・・・タコメーターの「ピョコピョコ」は直っていませんでした。やっぱり(^^;;

 

 

それでも、明らかに良くなったので必要なメンテだったと思います。

 

 

 

 

本来ならここで主治医の所に自走すべきだったのですが、欲張ってデスビキャップのチェックをしてしまいました。

 

 

 

恐る恐る見てみると・・・・

f:id:toshitama:20130908173536j:plain

 

あ〜ヒール部分が削れています・・・。こ、こんなにも・・予想外・・・。

 

こ、これは点火が不安定になってもおかしくない!

 

1、2番のかぶり?もこれが原因の可能性も!?

 

 

 

 

更にポイントなどを見てみると・・・き、汚い。錆びている?

接点も凹んだり、錆びたり、粉ふいたり・・・といった感じでした。

f:id:toshitama:20130908173621j:plain

 

 

主治医の所までちょっとでも安定して走れればということで、デスビキャップのヒールとポイントをペーパーで磨き、順番を間違えずにプラグコードを元に戻し(たはず)、いざ始動!!!

 

 

が!!!! なんとエンジンが掛からない! う、嘘やろ・・・。

 

 

冷静になって配線をチェックしてみると、外部抵抗とコイルを間違えて繋いでいたので、もとに戻しました。

 

 

ふ〜、良かったと思い、再度エンジン始動ーーーー。。。。。 しない!!!

 

 

最悪の展開です。

 

 

たったこれだけの事が出来ないとは、どれだけ不器用なのか・・・。

 

 

こうなったら意地でも復旧してやろうと、ポイントギャップの調整に挑戦(してしまいました)。

 

 

しかし、シックネスゲージもない、近所のカー用品店に買いに行っても、売っていない!(なんでやねん!)

 

 

ポイントのカム山を動かそうにも、レンチも無くクランク軸は回転しない・・・。

 

 

無茶苦茶ですが、ポイントがしっかり閉じた状態のままカム山で出っ張り分を脳内シミュレーターで計算し、その分をドライバーで動かし、無理やり名刺2枚の厚みを確保!

 

 

こ、これでエンジンがかかるはず!  もなく、撃沈・・・。

 

 

 

 

何度かやりましたが、駄目だったので、主治医の所に相談に行きました。

 

 

中古のデスビキャップとローターを借してもらえたので、エンジンかかったら自走しておいでと。無理ならレッカーでおいでと。

 

 

 

結果は・・・

 

f:id:toshitama:20130910133917j:plain

 

 

あぁ、、、、最初からロードサービスを頼むべきだった。

 

 

 

 

 

 

さて、今回の原因は・・・なんとこれ、外部抵抗でした。

f:id:toshitama:20131101085402j:plain

 

 

WAKOのゴールドコイルがついているのですが、合わせて上記の外部抵抗がついていました。

f:id:toshitama:20131101084346j:plain

 

 

しかし、うちにミニはこの赤いラインのあるRESISTIVのハーネスなので、このコイルだと外部抵抗が不要だったようです。

f:id:toshitama:20131101084550j:plain

 

 

 

合わせて、デスビキャップ、コンデンサー、ポイント、ローターは新品に交換してもらいました。

 

 

 

 

主治医の「ええ線行ってたで〜(ニヤ)」が心に染みました。突き刺さりました。

 

 

 

 

あれから1ヶ月半ほど経過しましたが、発進時のスナッチ?症状は少し残っていますが、安定して調子は良いです。

 

 

燃調が薄すぎるのか?

クラッチの繋がり始めが思ったよりも早いので、トルクが足りないのかな。

 

アイドリングの1000回転から1500回転にするアクセルワークがちょっとひっかかりがあるので、これも原因かもしれません。

 

 

また、様子見していきます。って、私が乗る事は殆どないんですけどね。

 

 

(おわり)