「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン53回目

中級 Oコーチ 参加者:7名

 

本日2回目のテニスです。何と贅沢な・・・。

 

さて、今日はご年配のおじさん1名、女子高生2名が参加していたので、終始緩めのレッスンでした。

 

 

 

 

個人課題としてはサーブの改善を意識しました。

 

右足のキックをしっかり活用するフォームに変えて少し経ちますが、ようやく少し馴染んできた感じです。

 

まだちょっと突っ込んで手打ちになっているので、もう少し粘って下半身から上半身へ連動した動きでスイングしたいところです。

 

それでも、下半身の力でスピンがかけられるので、しっかりとスイングしたセカンドサーブが大分打てるようになってきました。

 

ゲームでの「縮こまってのダブルフォルト」が無くなり確率がグンと上がってきました。これはひとつの成果かと思います。

 

後はコース。

 

 

入れに行くサーブだとそこそこコースが狙えていたので、「上手く入った時」そこだけを断片的に見ると今の取り組みは「後退」しているようにも感じますが、そもそも安定していませんでしたし、何よりもメンタル的に自信無くセカンドサーブを打っていました。

 

今は未だ振り切ってのセカンドでコースを狙う事に慣れていないだけで、改善の方向性は間違っていないと思います!

 

 

 

 

そしてフィジカルの問題ですが、何とか今の所耐えています!(^^

 

以前はこのフォームに筋力が耐えられず背筋の肉離れのような症状が出ていましたが、腕立て伏せ15回、腹筋30回、その他ほんの少しのトレーニングを週に数回コツコツ継続しているのですが、おそらくその効果かなと思っています。

 

 

今日は調子に乗ってかなり久しぶりに「全力のフラット1stサーブ」を打ってみました。

 

すると1本目が自分でも驚く程速いサーブが打ててしまいました。

 

その後は・・・・力んでフォームを崩して手打ち・・・。駄目駄目でした(^^;;

 

う〜ん、次の春頃にはあの速度でコースと確率をあげられるようになりたいものです。

 

 

 

 

サーブ以外では「ハーフボレー or ローボレー」どちらで対応するかの判断が非常に遅い課題があります。

 

 

そう言えばこれ、ずっと課題だったことを忘れていましたが、今日はこのミスを連発してしまいました。

 

振り返ると殆どはローボレーで処理すべき所を迷っているうちにハーフボレーで処理せざるを得ない状況になってのミスです。

 

迷い無くローボレー、これですね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、次なるステップとしてはレッスン中も『全ショット明確に意図を持ってコースを狙う!』です。

 

 

例えばアプローチショットから始まるポイント練習において、漠然と「スピンを掛けて相手コートに入れる」という意識で打ってしまっています。

 

相手のバックサイドなのか、アングルなのか、ボディーなのか・・・速度、スピン量、コース、そういったことを完璧に実践できなくてもどこを狙ってどんなショットを打ちたいのかを明確にしていきたいと思います。それが次のショットの準備に繋がり流れを良くするのだと思います。

 

 

テニスは集中力ですね!

 

1球たりとも気を抜かないナダルは凄い! って何の事だか。(^^

 

 

 

 

 

スクールに通って1年です。

 

初中級から何とか中級にまでは上がれましたが、まだまだ課題は多いです。

 

それでも苦手だったボレーは確実に改善されましたし、イップス気味だったバックハンドも何とかゲーム中でも使えるようになってきました。

 

 

体力や筋力、そしてコートカバーリングなどフットワークは20歳のころから比べると間違いなく衰えていますが、テニストータルでは今の方が上回っているように思います。

 

 

昨年、スクールに通い初めの頃は、頭では反応していても足が全く動かず・・・本当に悔しい思いをしていました。

 

 

それでラダーなど、アジリティートレーニング?  いや、ただタイルカーペットで前後左右に足を動かしているだけですが、家族の冷ややか目にも負けず入浴前などにコツコツやってきたおかげで、全く足が出ないということはなくなりました。

 

 

何もしないでいると確実に衰えていきますが、ちょっとした悪あがきをすれば、何とか回復維持もできると思います。

 

 

 

 

もっと頭を使って練習して1年後は上級クラスまで上がりたいと思います!(^^

 

 

 

 

 

 

〜レーザーコード(RAZOR CODE)定点観測〜

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

 

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 張りたて 100点  
  • 練習会(2.0h) 累計(3.5h) 4日後 100点
  • 練習会(1.5h) 累計(5.0h) 7日後 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(6.5h) 7日後 100点

 

 

いや〜、先程も書きましたが予想外に良いです。

 

反発、スピン、食いつき・・・レーザーコード自体のフィーリングも大げさなものが無く全てが自然で気に入っています。

 

上手く打ったつもりなのにネットとかロングアウトといったエラーが今の所全くないでの、レーザーコードのおかげで良い調子も維持出来ています。

 

 

ただ体とストリングのウォームアップが完了するまでは直接肘関節に「ガツン」と衝撃がくる気がしますので、序盤の緩いショットには気をつけています。

※しっかりと打ち込んだ際は意外と大丈夫なので。

 

 

 

あと、久しぶりに嫌いな振動止めをつけてみましたが、違和感無く使えてしまいました。

 

 

爽快なキレのあるタイプのストリングだと振動止めを付けてしまうと、フィーリンが重くなってギャップが激しいことが多いです。

 

 

しかしレーザーコードの場合は、もともとどちらかと言えば剛性感のあるマイルドなフィーリングであるためか装着してもその方向性が同じで違和感が無く打てました。

 

 

 

振動止めは衝撃そのものは減らせずあくまで振動する時間や周波をかえるだけと言われますが、衝撃がストリングを伝播する一部を振動止め(ゴム)が分散発散してくれる考えれば、多少の衝撃緩和もあるのではないのでしょうか。

 

車のブッシュと同じで。

 

 

意外と良かったので、次回も付けてみようかなと思っています。