「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2014年シーズンの錦織くんは強いかも!?

 

残念ながらブリスベン国際男子準決勝はヒューイットに負けてしまいましたね。

 

 

ただ、攻めの展開が早くなったようで、トップテンを維持できる「次のステップ」のテニスを展開していたように思います。

 

この攻めの展開が「元に戻った」だけなのか、それとも「進化」なのかは2014年シーズンを通して証明してくれるのでしょう。

 

 

 

 

ちなみに個人的には「進化」だと感じました。

 

サービスゲームではオープンコートを作ってシンプルに最短でポイントを獲得し、リターンゲームではリスクを冒してアグレッシブにプレッシャーを掛けて行っているように思いました。

 

常にコート内でライジングで勝負していましたし、相手はやり辛かったと思います。

 

マイケル・チャンにサーブを10カ所以上直されたとか公式blogでは書かれていましたが、見た限り技術的なことは分かりませんでした。(ステップインの足が変わった???)デュースサイドからのワイドのスライスでエースは沢山取っていましたね。

 

 

オフシーズン空けで体がリフレッシュされてキレがあった為かもしれませんが、相手の甘いつなぎ系のショットに対しては一発でエースを取りきっていましたし、強引なフォアのクロスも復活&炸裂していて、相手に脅威を与える『強さ』が十分に発揮されていたように思います。

 

 

封印されていた「攻め」をついに開放された為か、非常に伸び伸びと自信を持って勝負テニスを展開していたように感じました。表情やオーラも相手を飲んで掛かるような強い時の錦織くんに戻ったように思います!

 

0-40からでもギアを上げてキープする辺りは往年のフェデラーのような強さがありましたし、明らかにスタミナの切れた最終セットでも死んだ振りをして一発リターンエースを狙ってブレークを仕掛けたりと、完全には諦めず粘っていたのも良かったと思います。

 

諦めたら 「あなたは今日おおきなミスを犯しました・・それは・・・。」

 

マイケルに絶対怒られるんでしょうね・・・(^^;;

 

 

これがマイケル効果かどうかは定かではありませんが、良いスタートが切れたように思います。

 

 

 

 

 

あと、観ていて感じたことですが「フラットストローク」が今後のキーポイントになるのでしょうか?

 

デルポトロの活躍はそこにもあるでしょうし、ナダルでさえハードコートではフラットっぽく打ち込んでくることが増えているように思います。

 

錦織くんもかなり打っていましたね。

 

フェデラーも黒塗りのテストラケットに変えて、ラケット自体でスピンが掛かるためかおさえ気味に打つ事で逆に軌道が低く速く戻ったように思います。

 

高速フラットで超安定を両立しないと男子テニスは勝てない時代なんでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ということで??? 2014年シーズン・・遂に覚醒の年が来たか!?

 

 

錦織くんの活躍、飛躍に多いに期待しましょう!!! (^^