読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

モンベル ムーンライトテントの選び方。7型? 9型? どっち?!

b.キャンプグッズ

我が家と同じように「ムーンライト7型?9型? どっちを購入するか迷っている。」というコメントを頂きましたので、ポイントになりそうな部分を簡単にまとめてみます。(^^

 

 

ちなみに我が家は「テント内でまっすぐ立てる」ことを必須条件としたので9型を購入しましたが、4人家族までなら基本的には「7型」が良いのではないかと思います。

 

また、9型が大きくてフリーサイトを選ばざるを得ないというよりは、開放的なフリーサイトが好きなので積極的にフリーサイトを選んでいるといった感じです。(^、^

 

 

 

 それでは、まとまりの無いまとめ?ですが、参考まで。

 

 

 

【ポイント1】 テントの中で立つ必要があるかどうか

 

↓これが7型のサイズです。

f:id:toshitama:20140117182231j:plain

↓これが9型のサイズです。

f:id:toshitama:20140117182243j:plain

 

我が家があえて大き過ぎると言われる9型を選んだ理由は

 

『夜中に子供の夜泣きで抱っこして寝かせる』

 →『腰を曲げずに真っすぐ立てる実質室内高さ175cm以上が欲しい!』

 

ここでした。 

 

 

上記図で9型は「185cm」と記載がありますが、たるまずにしっかりテントを張り上げた状態でも身長175cmの私が頭をギリギリすらないのはテントの真ん中の極一部だけになります。

 

更に、おそらくテント内ランタン(ランプ)を中心部分にフックで吊り下げることになると思いますが、そうすると立っているとそれが結構邪魔になりますので注意が必要になります。

 

我が家は娘が1歳の頃からキャンプしていますので、娘の夜泣きに加えて、息子、娘ともに夜中に熱が出たり咳き込んだりして吐きもどした事が何度かありました。

 

その時は動き易く、着替え等の荷物が直ぐに手に届く「9型」にして良かったと実感したことを思い出します。

 

※娘が4歳近くになった今ではもうこの室内高は必要ないかなと思っています。

 

まあ、子供が小さい場合を除きこういったことは少ないとは思いますが、どうしてもテント内で直立する必要があれば9型が必要になり、そうでなければ7型で十分という感じではないでしょうか。

 

 

 

 

【ポイント2】 テントかタープかどっちを重視するか

 

テント=寝る場所

タープ=料理を作ったり、食べたり、話し込んだりとキャンプの醍醐味を味わう場

 

 

キャンプデビューするにあたってキャンプ道具を買いそろえて行った訳ですが、実際にキャンプしてみるまでの準備の段階では「キャンプ=テント」というイメージでした。

 

しかし、実際に何度かキャンプを経験してみた今では「キャンプ=タープ」というイメージに変わりました。

 

広めと言われる10m×10m程度の区画サイトでも9型と大型タープの両方を設営するのはかなり苦しくなってきます。その理由はテントサイズよりもタープのロープ(張り綱)をペグダウンするのに予想以上にスペースを取るからです。

 

 

テント内が広いと、インナーの結露の影響を受けないところに着替えなどの荷物をテント内に沢山置けるのは良い点です。

 

※結露に触れると衣類やバッグがかなりベトベトになりますので注意が必要です。

 

しかし、実際に起きている間、多くの時間を過ごすのはタープ下になってきます。

 

 

「どちらを取るか?」と考えると、タープを充実させた方が楽しく過ごせるのかなと思います。

 

小さめの7型にして、その分をタープのスペースに回すのがベターかと思います。また、7型なら何とかタープと連結できますので、実際には更に有効にスペースを活用することができると思います。 

 

 

 

 

【ポイント3】 フリーサイトか区画サイトか

 

区画サイト好きであれば、正直9型はおすすめいたしません。

 

仮に上手くギリギリ設営できても張り綱が邪魔で圧迫感もあり、折角のキャンプなのにあまりくつろげないかと思います。

 

また、フリーサイトでも自由に広々と使えるキャンプ場 や時期は限られていると思いますので、同様に7型の方が無難かと思います。

 

 

 

 

【ポイント4】 車の積載量に制限があるかとうか

 

一つ一つの道具を見ている分には十分に積めるだろうと思っていたのですが、大は小を兼ねるという道具選びや、つい快適な道具を求めると、全体的に10〜20%大きめになってきます。

 

そうなると案外ギリギリになってきてしまって、全体的にコンパクトな道具にしたくなってきてしまいます。

 

特にテントマットには注意が必要です。我が家はあえて旧タイプの厚みがあってクッション性と断熱性が高いマットを購入した為に、ロール状にしても相当大きなサイズになり、かなり邪魔です。

 

子供がテントを遊び場にする際はどこでもクッションがあって頼もしいのですが、寝るだけなら良いシュラフマットで快適性を確保するなど、工夫が必要かもしれません。

 

 

大きな積載量がある車なら問題ないかと思いますが、山岳用ではなくてファミリーキャンプ系の道具を選ぶなら普通のミニバンでも結構苦しくなるかと思います。

 

 

 

 

【ポイント5】 雨の日の対策

 

雨の日はいわゆる「小川張り」でタープの下にテントを設営したりできれば雨に濡れずに移動できるので理想ですよね。

 

残念ながら9型は背が高いので入り口を近づけることはできても、まず下には入れられません。

 

タープの下に入れられれば撤収時もテントを濡らさずに撤収できるのですが。

 

ただ、ムーンライトは純正のグラウンドシートを使えばフライを残したまま先にインナーを撤収することができるので、何とか濡らさずに(少しは濡れます)済みます。

 

これはムーンライトの優れた点の一つかと思います。

 

 

 

 

【ポイント6】 一人で設営、撤収

 

175cm程度の身長だと、9型だと背伸びしてギリギリ一人でフライが掛けられる感じです。

 

できればその時だけは二人でやる方が確実です。

 

おそらく7型だともう少し楽に一人ででもフライがかけられるのではないかと思います。

 

 

 

 

【その他】

 

設営してしまえば、9型は広いので快適です!

 

そして数値程大きくはないので、4人が寝て壁際に荷物をおくなら9型くらいは欲しいなと思ってしまう程です。

 

更にムーンライトテント最大のメリットは「張り綱が無い」ということ。

 

おかげでテントサイズが大きい割には設営スペースはそれほど必要ない印象です。

 

 

 

あと、フライトとインナーの空間があるので夏は涼しいかと思ったのですが、メッシュが細かいので案外直接の風の抜けは良く有りません。

 

なので7型になると、テント内が少し暑いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

こんな感じで、条件を整理して総合的な使い易さで考えると「7型」かと思います。

 

 

 

一方、車の積載量が十分、広いフリーサイトが活用できるのであればゆったりできる9型は魅力的ではないかと思いますし、緩〜い感じで過ごすのが好きな方、楽天的な方などは案外9型を気に入ってしまうのかもしれません。

 

あと、子供達の体が大人並みに大きくなっても一緒にキャンプするなら9型が必要かもしれませんね。

 

 

 

 

実際に経験してみないとなかなか実感は湧かないかと思いますし、失敗や後悔を含めてそれに気づくのもキャンプの醍醐味の一つかと思いますし、それが経験値や知識に繋がるのかなとも思います。

 

 

我が家も「失敗」の連続ではありますが、それでもキャンプの楽しみは増すばかりです。

 

 

経験が浅く分かる事は限られていますが、些細な事でも何か知りたい事などあれば、気軽にコメントくださいね〜(^^