「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン62回目

中上級 Oコーチ 参加者:8名

 

本日はOコーチ最後のレッスンでした。息子、嫁さん共々、約1年間お世話になりました。

 

フォーム、フットワークを始め、実践的なドリルなど・・・こういった指導は全く無く、ひたすら自由に打たせるようなレッスンでした。

 

ある意味、特徴的で異色のコーチだったかもしれませんね(^^;;

 

そのおかげか上級クラスなどからも「バンバン打ちたい生徒さん」が集まってきて、色々なボールに触れられる楽しいレッスンでした。

 

ただし、ひたすら楽しくやっていると何も上達しないままになるので、自分で課題を設定するかどうかが非常に重要になってきます。

 

 

 

 

「じゃ、あなたはどうだったのか?上手くなったのか?」と自問自答してみますと

 

 

このブログで練習日記を継続できたおかげで、中上級クラスに上がってから上達できたのではないかと思っています。(^^

 

当初は「初中級の繋ぐテニス」から「中上級の決めるテニス」に面食らって、返球がままならずレッスンの足を引っ張っていましたが、面を作って返球したり、ポジショニング、フットワーク、準備・・・・追いつめられた結果色々と工夫した成果かと。

 

 

まだまだ悪い癖も残っていますし、劇的に強く上手いプレーが出来るようになってはいませんが、成長実感が持てた数ヶ月でした。

 

 

コーチの最後の挨拶にもありましたが、これからは極力草トーナメントなどにエントリーして、実力を把握し、課題を設定し、レッスンで練習する。

 

これを実行したいなと思います。

 

 

大変お世話になりました。

 

 

 

 

〜おまけ〜

さて、Oコーチの置き土産として・・・ピュアストライク ツアー(16×22)を

手渡されました。

 

???

 

 

はい、メインの2本がクロスにまわってしまったらしいです(16×22)(^^;;

 

 

一応打ってみたのですが、面が全く安定しなかったので張り直してくれることになりました。

 

そしてレーザーコードはないので、ルキシロンの4G(1.25mm)ということになりました。

 

 

検証の為にも57ポンドでお願いしようと思ったのですが、ルキシロンはテンションを通常よりも落として張る事が推奨されているとコーチにビビらされ(アドバイスされ)たので、55ポンドとしてみました。

 

以前一度だけBLADE98 BLXにアルパワー・ラフを54/52ポンドで張ったことがあるのですが、たしかに少し硬く感じたような記憶が・・・かすかにあります。

 

めちゃくちゃ硬かったらどうしよう・・・(^^;;

 

 

 

あ、なので今回のレッスンは張り上げから3ヶ月程経過したレーザーコード(BLADE98 BLX)を使ったのですが・・・振動止め無しでは「嫌な振動」がもろにきました!

 

初体験でびっくり!流石にこれは無理ですね〜(^^;;

 

振動止めを付けると、まあ何とか打てるようにはなりましたが、フレッシュじゃないことが良く良く良く分かりました。

 

ハードヒットしてボールを潰すことが出来ればスピンもかかりますが、緩く打った時程ストリングの性能に頼る事(左右される)のかな〜など考えていました。

 

久しぶりにブレード98はピュアストライク ツアーとは大分違いますね。

 

まずラケットヘッドが勝手に走りますので、フォアハンドのスピン量が多いですし、楽に打てます。

 

ただ、ストレートアーム気味に打点を遅らせたりなんかもやり易くて振り回せる分、雑な打ち方になっていくのが自分でも分かります。

 

実際、サーブでもレッスンの最後には腕打ちで崩れていってしまいました・・・。

 

意志の強さが必要ですね。

 

 

 

 

 

ということで、レーザーコードではなく、ルキシロンの4Gの定点観測が出来そうです。

 

ちょっと楽しみです!