「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

初プライベートレッスンに至まで

最近、テニスが楽しくて楽しくて仕方が無い様子の息子。

 

どうやら、まだまだテニスを継続する気満々のようなので、ちょっとは教えられるように時々記録を残して行こうかと思います。

 

 

 

〜これまでの整理〜

 

息子・・・年齢は6歳3ヶ月、身長は114cm、体重は20kg、こんな感じです。

テニス歴は・・・確か1年8ヶ月位か。

 

 

1.テニスはじめるまで

当初、園庭が無く運動が不足がちな&超運動音痴な息子&体が弱く病弱な息子の為に、せめて週1回でも体を動かす機会をつくろうということを考えていました。

 

 

3歳〜4歳くらいの時は、運良く市の託児付きの(娘)体操教室に入れたので良かったのですが、それが終了してからはまた機会を失っていまいました。

 

当時、サッカーに興味があったので市のサッカー教室に申し込みしたのですが、最低開催人数に満たないため中止に・・・。

 

続いて、某サッカー教室の体験に参加しその場で申し込みまでしてきたのですが、いざ帰宅すると「今日楽しかったから、もう行かなくてよい。行かない。」みたいなことを言い出しました。

 

本人がやりたく無い事を無理矢理やらせる理由も無かったので、入学金返却の代わりに入会特典のサッカーボールをもらって1回も参加することなく退会しました。

 

※退会手続き後、ボールを引き取りに言った際に、せっかくなので無料レッスン1回だけ受けて返ってきたのですが、その時は「やっぱり楽しいから行きたい。」と言ったらしいです。退会処理をしてしまっていたのと、またいつでも入会できるのと、担当コーチがちょっと・・・と言う事、そして息子本人の言う事がコロコロ変わるのでもう少し様子見しようということになりました。この時、取りあえず入会させておけば、今頃サッカーに夢中になっていたかもしれませんし、今後またサッカーに熱中するかもしれませんね。

 

 

 

次に、夫婦共々「カナヅチ」なので、水泳に行くか?と誘って体験には行きましたが「鼻に水が入るから嫌や。」と。頼りがいのありそうなコーチからは「最初は皆嫌がりますが、絶対に楽しくなるので心配なく!」とフォローして頂けましたが、本人が頑に固辞したので、入会には至りませんでした。

 

 

で、私が好きなテニスがたまたま4歳からでも入れるようなチラシがあったので、2カ所ほど体験に行ってみました。

 

この頃は両手で何とかジュニアラケットを持てるくらいしか筋力?が無い息子、しっかり走ったりスキップしたりジャンプしたりといった基本的な運動も周囲の子供のようには出来ないし、スポンジボールをラケットに当てる事なんでできない状態でした。

 

それでも何故だか「楽しい!習いたい!」と言っていたので、地味ですが真面目にテニスをやっていけそうな印象のテニススクールの方にお世話になってみることにした次第です。

 

※それが今通っているスクールです。

 

 

 

 

2.これまでのテニス状況

★最初のコーチはSコーチ。

最初の頃は「ボール当て鬼ごっこ」など、楽しみながら運動する内容が中心でラケットを使ってスポンジボールを打つ時間はほんの数分でした。

 

ただ最近になって息子が教えてくれたのですが、スパーダーランやラダーなど、色々と基礎的な要素を取り入れてやってくださっていたようです。コーチ自身もジュニア専門のスクールで育ち、ジュニアとしては全国クラスの実力者だったので、子供心とノウハウを持っていらっしゃったようです。

 

 

★次のコーチはOコーチ。

この頃が遊びからテニスへの変換期。ステージ3のボールを使って打つ機会が多くなりました。球感が生まれて来て、ラリーが出来るようになってきたのもこの頃です。

 

相変わらず力はなく足も遅いのですが、5歳児としては集中力があって、考えて打っていたようです。

 

気がつくと全く相手にならなかった運動神経抜群で息子よりもキャリアのあるS君に勝てるようになっていました。

 

これは本当に驚きで・・・夫婦揃って「何で?」って感じでした。

 

運動の中でたまたまテニスになったのですが、どうやら息子には合っていたようで、ラケットの真ん中に当たったときの感覚が「すかーっとして気持ちよい!」とか、かなりテニスが楽しいようです。

 

 

使用ラケットも21インチから23インチになり、更に半年たたずで25インチ(現在)になりました。

 

今は普通のテニスボールを使ってラリーができるまでになっています。

 

今は一番下のJ3クラスに在籍しているのですが、ここはテニスをこれから始める子が入るクラスなので、J2クラスに上がるように言われました。

 

しかし、J2クラスは9歳〜11歳が中心になるので、ちょうど良いクラスが見当たりません。

 

そこで、OコーチからAコーチの一度プライベートレッスンを受けてみてはどうかとの提案を頂いたので、受講してみることにした訳です。

 

 

 

3.プライベートレッスンを終えて(Aコーチ

事前にAコーチからは「まだ早い。今は楽しめれば良い。」というような率直な意見を頂いていたのですが、ものは試しと受けてみました。

 

すると・・・初心者クラス、上級クラスとも共通するメニューをみっちりとやっていただき、普通のテニスボールにも関わらずガンガン打てるようになってしまいました!

 

驚きました。これは、価値ありですね。

 

 

インターネットや書籍などの情報では「幼少期はグリップフォームなど細かいフォームよりも楽しむ事が優先。運動全般が大事。」みたいな論調が多い気がします。

 

なので、何を何処までやれば良いのか分からなかったのですが、実際のレッスンを見学してみると

 

 

  1. フットワーク
  2. ボディーワーク
  3. ラケットワーク

 

この3つが連動していて、

 

  1. サイドステップ、スプリットステップ
  2. レディーポジション、テイクバック
  3. スイング

 

この基本を繰り返し、繰り返し、子供目線で話、理解を確かめ、噛み砕いて噛み砕いてやってくれていました。(テニス大好き、テニス好きな子供大好きなAコーチです!)

 

そう、私が昨日受講した上級レッスンと基本全く同じメニューです!(同じAコーチ)

シンプルなのですが難しい内容なんですよね。

 

 

 

25インチのラケットは振り上げることも難しい重量ですので、全ての動きが噛み合ないとネットは越えません。

 

けれど、全てがかみ合った時にはベースラインまでしっかりナチュラルドライブがかかったボールが飛んで行きます!

 

大人と違って子供は誤摩化しがきかず、分かり易いですね。

 

本当に目から鱗というか、感心させられっぱなしでした。

 

 

 

今回のレッスンで教えていただいた内容のまとめですが、

 

  1. スプリットステップからレディーポジション
  2. 一気にテイクバック完了させる(左手をスローとに添えて)
  3. テイクバック完了させたままサイドステップで打点に入る

 

これを定着させられるように見守っていきたいと思いました。

 

 

今後の、どこのクラスに入るのか、プライベートレッスンはどれくらいの頻度で受講すべきかなど、色々と悩ましく考えることはありますが、兎に角息子のテニス熱が高まったのは確実で、何かに一生懸命打ち込む経験をして欲しかった親としては「良い感じだな〜」っと何とも嬉しい感じです。

 

 

 

好奇心を持つことや、何かを好きになる事、熱中する事、些細な事に気付く事、常識にも疑問を持つ事、相手の立場で考えること、感謝すること、思いやりや愛情を持つ事・・・。

 

こういった教育には正解がないだけに、私たち夫婦も子供と一緒に楽しんで成長できるようにしたいと思います。