「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン67回目(並行陣でのポジション)

中上級 SBコーチ 参加者:8名

 

今日は並行陣(ネットに詰めた状態)における、自分の最適なポジションの確認でした。

 

具体的には、「深いロブに対して下がってスマッシュが打てる範囲内で出来るだけ前にポジションする。」という事。

 

それがサービスボックスの中央なのか、それより前なのか、それより後ろなのか。

 

 

 

ロブに対する下がりながらのスマッシュは嫌いでは無いですし、苦手という意識も無かったのですが・・・根本的な所に落とし穴がありました。

 

本来「クロスステップ」で素早く下がるのが基本とのこと。 当たり前?(^^;;

 

確かに腰を落としクロスステップで下がれば「3歩」でサービスボックスの中央からベースライン際のロブに対応できるポジションまで下がれるんですね。

 

ところが・・・私の場合、サイドステップで下がる癖がついてしまっていて、素早くクロスステップに入れない・・・。しかも腰が浮いて、歩幅が小さくなってしまい、追いつかない。

 

今度はクロスステップを意識し過ぎると、スマッシュのタイミングがずれてしまいます。

 

うむむ。これまではベースライン際の深いロブまではケアしていなかったので問題なかったのかもしれませんが、テニスを教わったことが無く我流でやってきたので、恥ずかしながらこういった「基本中の基本」が全くないのです。

 

振り返ると、雑誌などからラケットワークやボディーワークについては研究意識を持って考えていましたが、フットワークに関しては相当意識がありませんでした。

 

あと、これは自分が頭を使っていなかっただけで単なる言い訳にしかならないのですが、前コーチ(Oコーチ)からは「スマッシュはサイドステップで下がる事!」と教わっていました。

 

実際、ジャンピングスマッシュを活用すればサイドステップでも結構な範囲をケアはできるので、もうサイドステップで良いかな?とか弱気になってしまいましたが、ケアできるといっても深いロブには弱い球しか返球できない事も多いので、ここはしっかりクロスステップを練習するしかないですね。

 

あ〜、『テニスは「手ニス」じゃなくて「足ニス」だ。』とか言われますが、本当にフットワークって大事だなということが身にしみてきてます。

 

流れるような動きを手に入れるぞ! ・・大げさですね。(^-^;;

 

 

 

 

〜おまけ〜

レッスン後に上級者のU島さん(中上級クラスですが明らかに上級者)から、『ラケットをBLADE98からPureStrike Tourに変えてから、明らかにストロークの威力、スピード落ちましたね。前の方が良かった(返球しにくかった)ですよ。今はスピンが効き過ぎて中途半端?(返球が楽)』という、何とも貴重でありがたい感想をもらうことができました。

 

でも、「ガーン・・・ショック・・・」ってのがその時の本音。(^-^;

 

ただ、これは本当にありがたい感想です!!!感謝!!!

 

自分のフィーリングよりも、相手がどう思うかが重要ですもんね。

 

そこで、風呂に入りながら考えてました。

 

 

 

別の上級者のS村さんからは、「フラットが特に良いですね〜伸びてきて、きつい。スピンよりもフラットが伸びてますよ。」と言われていました。

 

一見、真反対の意見のようにも思うのですが・・・もしかして「スピンを掛け過ぎ???」というのがまず気になる点です。

 

フラットが良くて、「スピンが掛かり辛い」という意識が強すぎたのか、意図的にやり過ぎているのかもしれません。スピン量が増えれば、当然球威は無くなってきますよね。

 

 

 

次に気になるのは、プレースタイルの変化(過渡期)です。

 

丁度ピュアストライクに変えた頃から「上級者を目指す!」という目標のもと、緩急(ペース)を付けたりプレースメントを考えたりと、球威一本やりのテニスからの脱皮を試しています。

 

そして、ピュアストライクを予約した昨年12月、つまりBLADE98の最後は「攻撃は最大の防御なり!」とガンガン打ちまくっていて絶好調の次期ではありました。

 

フルショットのストロークとセカンドサーブはBLADE98の方が確かに威力はあるという実感はありますし、自分なりのスーパーショットも良く出ていました。その分安定感はやや劣っていたと思います。

 

一方、ボレーやバックハンドストロークそしてリターンを含めた総合的な安定感ではピュアストライクかなという感じです。実際、ゲームでの勝率は上がっています。

 

ただ、何度も書いてはいますが、相手のボールに球威がないとピュアストライクは真価を発揮できないでしょう。球出し中心の今のメニューではちょっと厳しいのか。

 

BLADE98の方が自分から打って行く分には確かに楽ですね。ピュアストライクはトップライトなので、自分からしっかりヘッドを返して振っていかないと行けませんし、手抜きができない。

 

 

 

 

こんな感じで、色々なファクターがあり過ぎてラケットの評価は難しのですが、怖さが無くなったという事実はあるという認識を持って、今後練習していきたいと思います。

 

また、色々聞いてみよう!(^^  ブレずに行こう!!!

 

 

 

 

 

〜ルキシロン 4G(1.25)定点観測〜

  レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 1日経過 100点
  • 練習会(2.0h) 累計(3.5h) 4日経過 85点
  • 2回目(1.5h) 累計(5.0h) 7日経過 85点
  • シングルス(1.0h) 累計(6.0h) 11日経過 85点
  • 練習会(2.0h) 累計(8.0h) 11日経過 85点
  • 3回目(1.5h) 累計(9.5h) 21日経過 75点
  • シングルス(1.0h) 累計(10.5h) 25日経過 70点
  • 練習会(1.0h) 累計(11.5h) 25日経過 70点
  • 4回目(1.5h) 累計(13.0h) 28日経過 70点
  • 練習会(2.0h) 累計(15.0h) 32日経過 65点
  • 5回目(1.5h) 累計(16.5h) 35日経過 65点

 

ジワジワと死んできた感じですね。反発も無くなってきていますし、テンションも少し緩んできた感じです。

 

張りたてのあの「ぶっ飛び感?」はもうありません。ただ、全体的に丸〜く下がってきていますので、使おうと思えば使えます。そして使ってしまっています。

 

ただ、やはり打っていて気持ち良さを感じる事が少なくなっていますね。

 

スパーン! という、あの快感・・・。懐かしい・・・。