「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニス練習会(フォアハンド修正)

今日は天気も良く、風もなく、久しぶりに最高のテニス日和でした。

 

 

さて、ピュアストライク ツアーにラケットチェンジしてからストロークの威力が落ちたという感想がモヤモヤと気になっていたので、ちょっと自分なりに確かめてみようと思い打っていました。

 

すると・・・Y君の威力のあるスピンボールに対して、打とうと思っても差し込まれて、全然球威が出ていません・・・。「ごめん!」って感じで、酷かった。

 

いくら力んで振っても同じ。 絶不調・・・。 下手。

 

スタンスをスクエアにしたり、オープンにしたり、ヘッドを返したり色々やっても駄目です。

 

いつもならある程度修正が効くのですが、今日はハマってしまって、抜け出せない感じです。

 

挙げ句の果てには、振り遅れて面のかなり手元よりでヒットしてしまい、振動止めが外れかけました。

 

付け直すのも面倒だったので、取りあえず外してポケットに入れてストロークを継続しました。

 

すると! 「スパーーン! スパーーン!」と いきなり復活!(^^

 

え? 何これ?? 何故??? って感じでしたが、その後どんどん調子が戻っていきました。

 

 

フォアハンド不調から好調になった要因の整理

  1. 飛んで来た相手ボールの球威(パワー)
  2. 自分のラケットスピード
  3. インパクトの角度

 

ざっくり言えば、これらの要素で球威(パワー)は決まるかと思いますので、いかにラケットが加速した状態でインパクトできるかだけなのかと。

 

 

インパクトまでは脱力しつつ下半身→腰→肩→肘→手首と動きを連動させることで、ラケットヘッドが加速し、パワーロスがなく(パワーアップ)球威が出る。

 

 

 

 

その為には、

(1)フットワーク

スペーシングを強く意識し、返球の軌道から横に離れる(回り込む)イメージで一気に距離を稼ぐ。そして、セミオープンスタンスでボールーを迎え入れるために細かなステップでアジャストし、まずは右足の位置をしっかり決め右尻荷重を行う。

 

(2)ボディーワーク

 スペーシングと同時にテイクバックを完了させ、まずは下半身の回転を開始し、遅れて腕のスイングを開始する。その際、やや「アウトサイドイン」でボールを叩き潰すような軌道をイメージする。

 

(3)ラケットワーク

ボールに対して「ラケットフェイス1つ分程度」下にグリップエンドからラケット入れ、しっかりラケットヘッドを返して(プロネーション)ボールをひっぱたく(潰す)。山なりではなく、直線的に近い(15〜20度)軌道で打ち出す。

 

 

何度も同じようなことを書いていますが、ほんと、これだけ。学習せねば・・(^^;;

 

 

 

そして・・・

 

好調時:

『セミオープンスタンスで球を迎え入れて、前目(適切)の打点でしっかりヒット!』

 

不調時:

『打点が近くて後ろ、ラケットヘッドが全く加速していない。』

 

 

どうやら、緩急の練習をしているうちに、スイングスピードを緩めたり、インサイドアウトで止めるように打ったり、下から上にこすったり、といった打ち方が多くなっていたようでした。

 

あと、ストリングの状態が悪くなってきて上手く潰して打ったのがジャストアウトするので、スイングを無意識に変えてしまっていたのかもしれません。

 

 

 

それが、たまたま振動止めを外したことでラケットのバランスが変わり、ぐーーっとラケットヘッドが走って(加速して)&予定より前で捉えられ、「スパーーン!」と打ててしまったようです。

 

 

あとは、やはり振動止めがないと、インパクトの情報が多いので、気付きが多く、修正も早いですし、悪化も防げるように思います。

 

振動止めがあると、鈍いので気付かず悪化してしまう。

 

ストリングも良く動くので、思った通り打てますし、スピンはよく掛かるので、無理にこねなくても良いですし。

 

 

 

相手の球威に合わせたテイクバックの大きさや、フィニッシュの位置でのノール軌道、回転量などで緩急を調整するなど、基本スイングを変えないような工夫を考えていきたいと思います。

 

 

 

 

ということで、 BLADE98 BLXからPureStrike Tourに変えた事で球威が落ちたのは、ラケットの影響よりも自身のスキルによるものが大きいような気がします。おそらくスイングウェイトはあまり変わらないと思いますし。

 

トップヘビー気味なBLADE98は自動的にヘッドが走るので誤魔化し易いですが、ピュアストライクは誤摩化しがきかないので変化に表れ易いだけのような気がします。

 

※そう思いたいだけ、だったり・・・(^^;;

 

 

 

 

あと、かなり久〜しぶりにサーブも少し打てました!(^^

 

全身をリラックスして、気持ちトスを高くして、じっくり膝を曲げて打つ事で、少し復調です。

 

ただ、フォアハンドと同じく、下半身からの連動がまだ甘いので、インパクトまでは腕振らないようなイメージで我慢して振っていくと、ラケットヘッドが走ると思います。

 

同じ症状ですね。 次は、そこ修正していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

〜ルキシロン 4G(1.25)定点観測〜

 

  レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

 

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 1日経過 100点
  • 練習会(2.0h) 累計(3.5h) 4日経過 85点
  • 2回目(1.5h) 累計(5.0h) 7日経過 85点
  • シングルス(1.0h) 累計(6.0h) 11日経過 85点
  • 練習会(2.0h) 累計(8.0h) 11日経過 85点
  • 3回目(1.5h) 累計(9.5h) 21日経過 75点
  • シングルス(1.0h) 累計(10.5h) 25日経過 70点
  • 練習会(1.0h) 累計(11.5h) 25日経過 70点
  • 4回目(1.5h) 累計(13.0h) 28日経過 70点
  • 練習会(2.0h) 累計(15.0h) 32日経過 65点
  • 5回目(1.5h) 累計(16.5h) 35日経過 65点
  • 練習会(2.0h) 累計(18.5h) 39日経過 65点

 

振動止めは外したのですが、パーン!という感覚があり、やはり無い方が好みです。

 

暖かかったせいか、前に気になっていたギシギシ感も今日は気にならなかったです。

久しぶりにハードヒットしていたからかもしれませんが。

 

潰してスピンを掛けるような打ち方であれば、下げ止まりと言いますか、状態は変わりませんでした。

 

が、反発などは当然落ちていますので、おそらく張り替えると「違い」を感じるレベルかと想像します。

 

しかし、先程少し書きましたが、潰して上手く打ってもジャストアウトすることが増えていますので、調子を崩していきそうです。

 

シングルスを待たずして、やはり張り替えるべきな気がしてきました。

 

 

 

〜おまけ〜

Y君が遂にイグナスのストリングマシンを買ったそうです!(^^

 

まだ1時間半くらいかかるそうですが、端の目飛ばしをしていまった以外は、問題なく張れているみたいです。

 

いつでも張り替えられるというのは、良いですよね。

 

でも、「結構面倒くさい!(笑)」と言ってましたが。

 

 

 

いや〜凄いな〜。 やったな〜。