読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

Y君とシングルス4回目

風もなくて暖かくて絶好のテニス日和!久しぶりにY君とシングルスを行いました。(^^

 

さて、試合結果は・・・・1-6 Lost ! コテンパン! 残念! (^-^;;

 

これで対戦成績 2勝2敗です。イーブン!

 

 

1.試合で取り組みたかったこと

『チャンスボールを作り出し、それを確実にエースで決める。』

 ※決まらなくても、そのまま前に詰めてボレーで決める。

 

 

そしてチャンスボールの作り方は、、、、

 

  1. サーブで崩す(コース、球種、緩急を駆使する)
  2. ストロークで前後左右に相手を動かす(球種、緩急を駆使する)

 

チャンスボールは「足を細かく動かして打点に入り」決める。

 

シンプルにこんな感じで考えていました。 ※サービスゲームは全キープ目標!

 

 

 

2.実際の試合の展開

トスに勝ちましたが、肩が温まっていなかったのでリターンを選びました。

 

0-1 

ブレークポイントまで行きましたが、チャンスボールをミスして失敗。

 

0-2、0-3、0-4、0-5

その後は相手のムーンボール気味の返球の処理に手こずり、ミスを量産。時折、良い形でエースを取りつつブレークポイント、キープポイントまでいくものの、結局はチャンスボールをミスして自滅。いつもの負けパターンです。

 

1-5

何とかギリギリで初キープ。要因は1stや2ndサーブで押し切れたこと。

 

1-6

最終ゲームは余裕のある相手が豪快にエース狙いをしてミスしてくれたことを手がかりにブレークできる流れはできたものの、自分のリターンミスでものにできず終了。

 

 

 

3.成果反省

最初の2ゲームが今日の象徴だったように思います。

 

1stゲーム、やはりゲームの序盤はストロークコースの精度が甘かったのですが、それを自覚できず狙い過ぎてのジャストアウト。悪い感じではなかったですが、ブレーク出来ずリズムが悪くなってしまいました。

 

2ndゲーム、ここも「サーブで崩そう、組み立てよう」という意識が強過ぎて、精度が甘いことを自覚できず、自滅的に2nd勝負の苦しい展開にしてしまった。

 

そして、様子見のムーンボールを「チャンスボール」と判断して攻め込んだのは良いのですが、エースよりもエラーが多くゲームを取れない展開。

 

結局、相手はムーンボールを打っていれば勝てるという手応えを早々に得たようで、終始余裕のある流れになっていきました。

 

 

振り返ると、ムーンボールを全てフォアに回り込んで処理していたので今日のゲームを通してバックハンドストロークを1本も打っていないかも???(※リターンは数本打ちましたが。)

 

ボレーも2本程しか打てず、両方パスで抜かれた???

 

それ位、単調かつ自滅的な試合をしてしまったということすね。

 

 

 

シンプルなプランはあったものの、甘めの精度を自覚して60%程度から入り、段階的にそれを仕上げて行くということが出来ませんでした。

 

状況判断、冷静さ、集中力、粘り、・・・こういったものが足りなかったです。

 

 

 

 

ムーンボールは滞空時間が長いので、集中力や判断が一瞬「ふっ」と途切れて低下してしまいますよね。同時に足も止まる。

 

過去もこれで痛い目を見た事があるので十分想定内ではあったので、対策として「足を細かく動かして打点に入る」ということを考えていた訳です。

 

実際、ムーンボールが浅くなった際にはこれまで勝ちゲームでも取れていなかったエースが沢山取れましたので、足を動かす事でチャンスボールを攻めきることは出来ると思います。

 

 

 

問題は、余裕のある状態で深めのムーンボールを打たせていることかと思います。

 

2ndサーブが振り切れず浅めになってしまったことや、確実の意味を間違えて1本目のリターンをフォア側に打ってしまっていたことなど、安易に相手に優位を与えていることが多かったです。頭が悪いです・・(^^;;

 

そこで、余裕があるので仕掛けてくるわけですが、それが今日は「ムーンボール」が効果があったので、それを仕掛けの選択しとして継続活用してきたのだと思います。仮にムーンボールが効かなければ、違うショットを選択してきたことでしょう。

 

 

ちなみに深めのムーンボールに対しても、ムーンボールで返球せず、フラットドライブで軌道を落としてしっかり打ち込むことで、ムーンボールが打ち辛くなってこちらのリズムになることは過去分かっています。

 

そして、余裕のある際はスライスなどの浅めの球で前におびき寄せたりすることも交ぜていけば良いかと思います。

 

やはり1ポイントごと、 冷静に状況を判断して、対応しなくてはいけませんね。

 

 

 

総括すると、

目標とした浅いチャンスボールを決めることに対しては、ある程度の手応えを得る事ができました。クロス、逆クロス、ダウンザライン・・・全て良い感じで打てました。ショートクロスはジャストアウトのミスになってしまったので、まだ下手です。

 

課題は、イーブン状態のムーンボールなどの守備的な深いショットから自分優位に展開するストロークです。一気に優位にもっていこうとして自滅してしまったので、前回や前々回の対戦時で実践したようにジワジワと追い込んでいくようなイメージで、こちらが根負けしないように確実に打って行くこと(技術と精神)が必要ですね。

 

 

「チャンスなのか?優位なのか?イーブンなのか?不利なのか?ピンチなのか?」

これを確実に判断できる冷静さを常に持ち、各状況からチャンスの方面に持って行く術を(引き出し、蓄え)頭に持っておくこと。

 

頭で正しく判断できれば、必要なショットは打てると思います。

(※自分の思っているレベルのテニスに対しては。)

 

 

試合経験がまだまだ足りないので、コツコツとテニス頭のレベルを上げていきたいと思います。

 

 

4.おまけ

これは今日の負けとは関係ないのですが、ジョーカーコア128が突然、賞味期限切れになり、暴発ぶっ飛び状態になってしまいました。

 

先日のレッスンでテンションが緩んだと書きましたが、どうやらそれが前兆だったようです・・。気温が上がったことも関係しているかもしれませんが・・・。

 

ギシギシでストリングが全然動きませんし、打ち出し角度が上がって兎に角スコーンと抜けてぶっ飛びます。

 

強引におさえるとネットし易くなりますし、これはもう使えませんね。

 

Y君からも「ガット張り替え時期じゃないですか。ぶっ飛んでましたよ。」と慰められてしまう始末で・・(^_^;

 

 

緩んで状態が良くなった?と思ったのですが、どうやら一瞬の幻だったようです。