「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン71回目(ピュアストライクツアーに初レーザーコード)

中上級 SBコーチ 参加者:5名

 

先週と全く同じテーマ、メニュー(サーブ&ボレー、戦術の理解)でした。

 

サービスゲームを支配する

  • サーブのコースから始まり、1stボレーのコース、その次のコース。
  • コースに応じて前衛がしっかりプレッシャーをかけ、決める。

要は、「頭」と「コントロール」が命という内容です。

しかし・・・まだ自信がなく焦ってしまっているのが分かります。

 

これまではコントロールではなく球威を武器に組み立てていたレベルなので、最初のコントロールがずれてくると焦りに繋がっていまっています。

 

一気には上手にならないと思いますので、試行錯誤し続けてもう少し経験を積めば「予測でき、余裕を持って、自信をもってボールを呼び込んでコントロール」できそうな気がします。

 

まずはサーブのコントロール、安定からやろう!(^^

フォアハンドストロークのように・・・自信をもって打てるようになりたい。

 

 

バックハンドストロークの改善

球出しウォーミングアップでしか打っていませんが、先週から試しているバックハンドが良い感じです!

 

この感じでスピン量をもっと調整できるようになれば試合でも十分に武器として使えそうです。

 

 

 

〜テクニファイバー レーザーコード(Tecnifibre Razor-Code)1.25 定点観測〜

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 1日経過 100点

 

ピュアストライク ツアーに初めて張りましたが、全く問題なく自分のイメージに一番ぴったりきます。いや〜、やっぱりレーザーコードが一番好きですね。(^^

 

暖かくなったからか、ピュアストライクだからか、打ち方や体の問題なのかどうかは分かりませんが、少しだけ気にしていた肘への衝撃も全くありませんでした。

 

しっかりとした食い付き(スピン)や適度な反発など基本性能が高い事は勿論のこと、打った時の「情報伝達力」が秀逸で意のままに操れる安心感があることが好きなところだと思います。

 

更にシルキーかつ力強い打球感まで備わっているのですから・・・まるで「駆け抜ける喜びBMW」のようです。

 

って、シルキー6どころか、BMWを運転したことさえないのですが・・(^^;;