「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン79回目(フォアハンドリターン閉眼!?)

中上級 AMコーチ 参加者:6名

 

やはり肩の具合が良くなっていませんでした。

 

ストレートアーム気味にアウトサイドアウトに打ってしまうとかなり痛みが出て、直後は肩が抜けたように力も入りません。痛みが怖くてストロークが全然打てませんでした。

 

しっかりアウトサイドインで引っぱり込めたり、インサイドアウトで打った時は特に問題ないのですが、打点を遅らせてダウンザラインに打つ時や強引に力任せで打ったりすると駄目みたいです。

 

 

これはしっかり治さないといけませんね(^^;

 

ってことで、2、3日モーラステープ(湿布薬)に頼る事にします。あと、嫁さんのテニス肘の時にロールで購入したキネシオテープも残っているので貼り方を調べて貼ってみようかな。夏場で痒くなったり、肌があれるのがちょっと嫌ではありますが・・・。

 

 

フォアハンドリターン閉眼!?

前回気付いた(開眼?)、肩幅を狭めてすり足的に踏ん張らずに移動する方法を試してみました。

 

所が、バックハンドリターンを打つ機会は1本も無く、フォアハンドリターンを数本だけでした。

 

そして、そのフォアハンドが全てネット!!!

 

原因は明確で「腰高」なこと。速いサーブに対応できませんでした。

 

 

ただ、肩幅を狭めることでクイックに動ける感覚はあるので、狭めたままもう少し腰を落として、ラケットを少し下げて・・・。

 

もう少しだけ悪あがきしてみたいことがあるので、やってみようと思います。

 

駄目なら普通のスプリットからの動きに戻すだけですし(^^

 

 

ポリプラズマ 1.23mm(SignumPro Poly Plasma)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 練習会(2.0h) 累計(2.0h) 1日経過 100点
  • 1回目(1.5h) 累計(3.5h) 4日経過 75点

 

まさか、まさかの激変です! メチャクチャ飛びます・・・(^-^;;

 

これがテンションの低下ってやつでしょうか?完全に緩い感じで、飛び出し角度が相当上ずって、バックアウトの連発でした。15時間程使ったレーザーコードよりも酷いかも?

 

フィーリングも完全に「柔らかい」に変化しました。もう別物です。

 

ただ、流石に死んだ感じはしなくてフレッシュではある、つまり伸縮性はあるのですが、、、明らかにテンションが緩い。伸びてますね。

 

これまで4G、レーザーコードなど第四世代といわれるストリングを使っていたので余計に違いを感じたのかもしれません。

 

 

 

もう一つ、1.23mmの細目のゲージはやはり腰がなくて剛性不足ですね。更に飛ぶのでコントロールが不安定です。毎回しっかりヘッドを返し切らないといけません。

 

仮にピュアストライクにポリプラズマを使うなら1.28mmmゲージを選択した方が良いでしょうね、きっと。剛性が上がればもう少し押さえ込めるかもしれません。

 

フラットに打つには問題ないのですが・・・。

 

う〜ん。ストリンギングの時にプレストレッチかけたのかな?とか、そういう事が気になり始めてしまいます。

 

おそらく自分で張ると、ストリング自体の感触も分かるので、色々と見えてくる事もあるでしょうし・・・。

 

う〜ん。もう少しは使ってみようと思いますが、意外と早く張り替えてしまうかもしれませんね・・・。

 

困った、困った。