「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン87回目(病み上がりで・・・)

中上級 AMコーチ 参加者:7名

 

子供達の夏風邪が治った先週の木曜日の夜・・・ホッとしたのか私が発熱。

2日間程激しい頭痛で苦しみつつ、熱が下がってからも本調子には至らず。

 

ようやく喉の痛みも治まりましたが、発熱の影響からか身体に力が入らず、何故か背中が肉離れ気味???

 

デスクワークで肉離れ???血流が悪かったのかもしれません。

 

 

こういう時にテニスしてもろくな事が無いのは分かっているのですが、張り替えたのに眠らせたままのトルネードを早く打ちたいのと、一番良かった時のサーブを思い出したので「それ」を試したい気持ちが抑えきれず、やる気満々でレッスンに行ってしまいました。

 

 

結果は・・・もう散々でした・・(^-^;;

完全にお荷物状態で「すいません・・・」って感じでした。

 

頭ではボールを認識して身体に命令を出しているのですが、完全にコンマ何秒か遅れてしまいます。

 

テニスというスポーツにおいて「コンマ何秒」も遅れてしまえば、もうテニスになりませんね。

 

キレがないとかそういうレベルじゃなくて、動けない・・・。そう、まるで金縛りの時のような感じで、頭は起きていても身体が眠っている感じでした。

 

全てのショットが打てません。全部遅れます。

 

それでも必死こいて打っていたので、背中の状態まで悪くなってしまいました。

 

折角、良いサーブ(背筋と下半身の筋力も必要)を思い出しかけなのに、肝心の身体の状態が下がってしまって・・・。かみ合わないものです。悪循環。

 

 

ここまで酷くなると、もうあれこれ考えずに休んで、身体が戻るのを待つしかないですね〜(^^;;

 

 

 

シグナムプロ トルネード 1.23mm(SignumPro tornade)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 10日経過 100点

 

 

今日は病み上がりだったのであまり参考になりませんが、ちょっとだけメモを残そうかなと。

 

 

まず、張り上げから10日も経過してしまっているので何とも言えませんが、玉突きするとキーンキーンとかなりの金属系の音がします。打つまではかなり硬そうな印象でした。

 

しかり、いざ打ってみると、あまり硬さも無く良く飛んでくれました。

それに低い球の持ち上げ(食い付き)が意外に良くて驚きました。

ネットすれすれの打球も「ひと伸び」があるので、ネットせずに返球できます。

 

一方、剛性感はポリプラズマよりは高くて合格点ではありますが、思った程でもなかったです。

 

先入観が強過ぎたのか、今日の調子が悪過ぎたのか、ちょっとまだ特徴が掴めず使いこなせていません。

 

 

あと、おそらくストリングのテンションがかなりばらついているのではないかと。ハードヒット時にスイート付近でも「ぐにゃ」とい言いますか、フレームのたわみが歪になっているようない印象があります。これまではピュアストライクでこんなことは無かったです。

 

これはストリンガーがOコーチからY沢さんに変わった時からずっとあるので、そこが原因かと思っています。

 

張り方の違いなど感じられる訳ないな〜と思っていましたが、ここ何回かの経験から「違いがあるような気がする」に変わりました。