「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン91回目(behind the ball)

中上級 Aコーチ 参加者:3名

 

溜まっていた振替受講もこれで最後です。

 

グランドストロークの基本

  • テイクバックを素早く完了させる。
  • ボールの後ろに入る。
  • 打球方向に一歩踏み込んで、体をしっかり回転させインパクト。(打点を前にする)
  • フィニッシュでは肘は高く、右肩が追い越すような感じ。

 

こんな感じの事を再度教わりました。

 

ちなみに、今の自分はどうかと言うと・・・「全て出来ていない!」 (~~;;

 

  • テイクバックがまた遅くなっている。
  • ベースラインと並行に動いてしまい、ボールの横に入っている。打点も体の横になる。
  • 左腕が窮屈で体が回っていない、打点も近くて窮屈。踏み込めてもいない。
  • 左腕が邪魔して体が回らず、右肩が追い越して行けない。

 

こんな感じでした。少し前にビデオ撮影して自覚症状はあったのですが、コーチから直接指導してもらえてスッキリしました!(^^

 

シンプルなフォア/バックの4球打ちで上記の課題をクリアしようと取り組んだのですが、意外とぱっとは直らないもので、一つで来ても一つ駄目。

 

頭で考えるというよりも、全体が上手く連動した時のイメージ像をリズムと共に創り上げ、それを再生(再現)するような感じが良いのかなと思います。

 

継続的に修正していきたいと思います!(^^

 

 

スピンサーブ

サーブも丁寧に見てもらい、スピンサーブの指導をしてもらいました。そして、ちょっとコツを掴めました!(^^

 

 

ちょっと余談なのですが、実は「スピンサーブ」は鬼門?でして(プロコーチに対して失礼な話ではあるのですが)スピンサーブに関する自分の定義とコーチの定義が違っていて話が噛み合わないので、ずっと我流を通してきていました。

 

  • 7時から2時にこする。
  • 頭よりも後ろで打つ。
  • 打点を落として打つ。・・・etc

こんな事です、良く言われるのは。

 

 

でも、打ち方ではなくて、結果として、

  • どういうコースに?
  • どういう軌道で?どれくらいのスピードで?
  • どういうバウンドをする球を打ちたいのか?

の定義を先に合わせたいんですよね。

 

 

確かにプロのようにはいかないですが、自分の理想としてはバレバレの遅くてキックするスピンサーブではなくて、フラットやスライスと同じようなフォームで、同じ位高い打点から打ちたい。キックしなくていよいので相手側に高く跳ねればOK、トップスライス気味に確実にネットを超し高確率に落としたい。そこそこスピードは維持したい。

 

これをスピンサーブと呼ぶのかどうか分かりませんが、こんな感じなんです。

 

 

で、今日のAコーチですが、細かい打ち方は一切言わず!回転=スピンなので、スライスでもスピンでも回転サーブである。あとは、味付け!みたいな感じで、実際に私の打ったサーブを見て「うん、それはスピンサーブだね!(^^」と。

 

で、

  • グリップをこうするとこうなる、
  • 大きくスペースを使うとこうなる、
  • リストを柔らかくしてヘッドスピードを上げるとこうなる、
  • トスの位置をこうするとこうなる・・・etc

 

といったアイデアだけを提供してくれました。絶対的な唯一の正解(打ち方)は存在しないので、あとは個人のフィーリングでアレンジしてみてくださいと。

 

 

こんな感じの指導だったのですが、わずか数球のレクチャーで見違えるように「スピンサーブ」が打てるようになってしまいました!(^^

 

あ〜気持ちよかった!(^^

 

Aコーチのレッスンを受講できる機会はめったに無いのですが、今日は少人数で受講できてラッキーでした。

 

いつものAMコーチも良く似た感じの指導をしてくれるので、今は本当にコーチに恵まれているなと思っています。

 

 

個人課題(フォアのグリップ)

さて、フォアハンドはセミウエスタンで握っているのですが、これをフルウエスタンに変更したいなと思っています。

 

理由はベースの球筋をトップスピンに変更したいことと、高い打点を体に負担をかけずにもっと楽に打ちたいからです。

 

あと、小学生の時に酷い突き指をして以来、右手の親指の具合が慢性的に良くないこともあります。ハンマーグリップ気味にフルウエスタンで握ると楽なんです。

 

 

一時期、試したこともあって結構自然に打てていたのですが、なぜか元に戻ってしまっていました。

 

ん〜、Blade98からピュアストライクに変更してスピードが無くなったと言われたとか、肩の怪我とかその辺りの影響だったと思います。

 

 

問題はダウンザラインなどのコントロール。今の所、これは手のひらの感覚で打てるセミウエスタンの方が圧倒的に有利。

 

ですが、段々と慣れてくるかもしれませので、ちょっと継続してみようかなと。

 

 

 

シグナムプロ トルネード 1.23mm(SignumPro tornade)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 10日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 17日経過 100点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 21日経過 100点
  • 4回目(1.5h) 累計(6.0h) 22日経過 100点
  • 5回目(1.5h) 累計(7.5h) 29日経過 100点

 

特に変わらずです。もしかすると反発は落ちて来ているのかもしれませんが、もともとこういう感じのフィーリングなので、全く気にならないと言いますか、本当に変化が感じ辛いです。その分、「気落ち良さ」のようなものも感じ辛いのですが。

 

ただ、今日、打球方向にしっかり踏み込んで打った時には良い感じの「たわみ」 が感じられましたので、トルネードを使いこなすには相当しっかりしたインパクトが必要なのかなと思ったりしています。

 

他のポリでは感じませんでしたが、ピュアストライクにトルネードの57ポンドはハード過ぎるかもしれません。

 

ストリング自体は悪い状態ではないのですが、フィーリング的に早く張り替えたいというのが本音です。

 

はてさて。