「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニス練習会(引き続きフォアハンドの修正)

久しぶりにたっぷり打ってきました。しかし、暑くてバテバテです。

 

フォアハンドの修正

左側で壁を作り過ぎていて手打ちになっていましたので、「インパクトで正面を向く事(回転で打つ)」を中心に修正を試みました。

 

どうやら、オープンスタンスで思い切り打った時のフォームが一番良いようです。

 

過去、ハードヒットは駄目(使い分けなのですが)という風に意識が行き過ぎて、緩く打つ事を心掛けていたのですが、どうやらその方法として「スイングを途中で緩める(止める)」という風にしてしまっていたようです。

 

だから左側の壁で止めてしまう。スイングを加速するための壁ではなくて、止める為の壁。クローズドスタンスでワイパースイングをしているかのような、変なスイングフォームです。

 

なので、オープンスタンスでバチンと打つ時と同じ体の使い方で、ゆったりと前を向きインパクトしたいところです。

 

今回はこの修正を意識してストロークを打っていたのですが、間違っていないと分かれば気兼ねなく打てると言いますか、ふっきれたと言いますか、自由勝手に打てて久しぶりに楽な感じがします。

 

 

あと感じた事として、久しぶりに力のあるトップスピンを打つY君とラリーが出来たのですが、回転量が多い相手に対しては最適な打点をイメージしておかないと打点への入りが遅れて後手になり、バラツキ、返球が苦しくなってきてしまいます。下がって打つのか、前に入って打つのか、ある程度決めておきたい所です。

 

 

さて、フォアハンドも大分復調してきたと思うので、後はペースを落として打つ際にも基本的に同じフォームでゆったり、ライジングでカウンター気味に打つ時はコンパクトに、とか、そういう打ち分けを安定させていきたいです。

 

 

 

シグナムプロ トルネード 1.23mm(SignumPro tornade)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 10日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 17日経過 100点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 21日経過 100点
  • 4回目(1.5h) 累計(6.0h) 22日経過 100点
  • 5回目(1.5h) 累計(7.5h) 29日経過 100点
  • 6回目(1.5h) 累計(9.0h) 31日経過 100点
  • 7回目(1.5h) 累計(10.5h) 38日経過 90点
  • 練習会(2.0h) 累計(12.5h) 42日経過 90点

 

腰の強いストリングなので、やはり反発性はあまり無いように感じます。

 

強く打つと球威は出ますが、相手のボールに球威が無い時や、自分のスイングが遅い時は飛ばなくてちょっと苦しいと感じます。

 

もう少しテンションを落としたり、フレームパワーのあると言われるラケットなんかの方が相性が良いかもしれませんね。