読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2014年全米オープン(US Open)錦織選手シングルス ベスト4!クルム伊達選手ダブルス ベスト4!

a.テニスの情報

マラソン・マン? 錦織選手

f:id:toshitama:20140905001039p:plain

いや〜、勝ちましたね!

勝つと信じていましたけど、本当に勝ちましたね!(^^ スゴい!

 

出勤前に第3〜4セットの数ゲームを見ただけなのですが、1ポイントの取り方次第で一気に形勢が逆転してしまいそう、流れが傾いてしまいそうな、そんなヒリヒリとした緊張感で満ちあふれた展開だったように思います。

 

ラオニッチ戦とは違って互いにエラーも多かったと感じたのですが、アンフォーストエラーというよりは「勝つんだ!という意志の証明!」という感じで、ミスにも関わらずこれによって相手にプレッシャーをかけていて(相手が優位になりきれない)、ここを緩めると相手に飲み込まれてしまうんだろうな、、、、そんな感じで見ていました。

 

あと、全く気が付かなかったのですが、寝ぼけ眼で一緒に見ていた息子が ふと 「錦織くん、バブリンカのバックに集めてるな〜。」と。

 

 

言われてみると、確かに確かに!(^^;;

 

フェデラーに勝ったとき、敗れはしましたがナダルを追いつめたときと同じ位の執拗さで、戦略的を遂行していましたね。

 

マイケル・チャンって、メンタルもスゴいですが、分析力やゲームの支配力(流れ、相手の心理を読む力)がスゴいんでしょうね。ある程度バックでエースを取られるのは仕方が無いとか・・それ以上の何かが見えているんでしょうね。

 

直感力や相手の逆を突く天性の能力を持った錦織選手に、この流れを作る、シナリオを描き乗せて行く力までが備わってきたのですから、、、、それがこの結果なんでしょうね。

 

 

マスターズ欠場は痛かったですが、その分フィジカルはリフレッシュできたかもしれませんし、結果的にはプラスに働いているかもしれませんね。ピンチをチャンスにしてきたチーム力、個人力に脱帽ですね!

 

 

さあ、次はいよいよジョコビッチ戦!!! (^^

 

その次はフェデラーかな!?

 

 

ここまでの戦い通り、結果だけを求めて浮つくのではなく、1ポイントの積み重ねで、じっくりスリルを噛み締めて、楽しんで、メンタルモンスターを貫いて欲しいです!

 

 

43歳 クルム伊達選手

残念ながら試合は見てないのですが、、、、こちらもスゴい!!!

 

そしてブログ更新もスゴいプロ根性!(^^

 

年齢は関係ないと言っても、現実的に考えて異次元過ぎます。

 

そしてテニスもスゴ過ぎるのですが、当たり前に料理したりしていて・・・。

 

もう、本当に是非是非、優勝しちゃってください!!!(^^