「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン96回目(成長限界か!?)

中上級 AMコーチ 参加者:7名

 

さて、今回はクロス、ストレートの(ランニングショットからの)パッシングショットが中心で、その後はサーブからのシングルスのポイント形式という感じで、先週に引き続きシングルス中心のメニュー!(^^ 最高!

 

が、しかし・・・こういう難易度の高いメニューになると他の生徒さん(上級クラス)に比べて明らかにレベルが違っている(追いついていない)ことを痛切に感じます。

 

もう、最悪のテニスでした。(※実力通り)悔しい。

 

 

ん〜、ここら辺りが上達の限界(壁)か!? という気がしなくもないですが、悔しいので、もう少し悪あがきしてみようと思います(^_^;;

 

 

下がらずに押さえ込む!

そんな駄目駄目の姿を見かねたAMコーチがすかさずアドバイスをくれました。

 

「下がらずに押さえ込んで打つ!」

 

そう、相手の球威に圧されて悪い癖で下がってしまっていたようです。

 

そう、無意識で、無防備にテニスするとこうなるんですよね。

 

なので、そうとう意識を持ってやらないと行けません。

 

成長のヒント、壁を越えるヒントはここにあるように思っています。

 

「いかに、集中力を持ってテニスするか!?」

 

息子に言っている事と同じです。

 

オフコートで多くのパターンを想定し、その対策の引き出しを準備、練習しておく。

自分独自の「それらを統合したイメージ(画)」を持って、余裕のある意識下(=無意識)でテニスする。

 

そうやって、仮想的な(低レベルな)ゾーン状態を作れるようにする。

 

これしかないように思います。あと、できればそれを持続させるためには2回/週のペースでテニスできれば最高です。1回だと、どうしても感覚が薄れていくんです・・・。

 

 

 

 

基礎スキル、基礎体力、経験で劣っているので、焦ると体が硬くなり、タイミングが早くなり、判断が遅れます。

 

焦らなくても良いように「想定内」を多くしたいと思います。

 

 

 

コーチにもらった先程の「下がらずに押さえ込んで打つ!」というアドバイスもその一つ。

 

そういう対処方法を頭に入れておきたいですね。

 

 

 

(memo)

集中力は本当に大事。

 

今回、レッスン前の「ドタバタ」でちょっとだけ遅刻してしまい、ストレッチが不十分。

 

更に、その「ドタバタ」を心の中でそうとう引きずっていたので、もう頭の中がぐちゃぐちゃ・・・。

 

いや〜こんな低いレベルでもテニスはメンタルスポーツだと思いました。

 

 

※「ドタバタ」はホームストリング関係のことなので別途書きます。

 

 

 

シグナムプロ トルネード 1.23mm(SignumPro tornade)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:57ポンド(1本張り)

ストリンガー:Yザワさん

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 10日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 17日経過 100点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 21日経過 100点
  • 4回目(1.5h) 累計(6.0h) 22日経過 100点
  • 5回目(1.5h) 累計(7.5h) 29日経過 100点
  • 6回目(1.5h) 累計(9.0h) 31日経過 100点
  • 7回目(1.5h) 累計(10.5h) 38日経過 90点
  • 練習会(2.0h) 累計(12.5h) 42日経過 90点
  • 8回目(1.5h) 累計(14.0h) 45日経過 90点
  • 9回目(1.5h) 累計(15.5h) 52日経過 85点
  • 10回目(1.5h) 累計(17.0h) 59日経過 70点

 

2ヶ月も経過しているので当然ではありますが、ジワジワと状態が下がってきたように思います。

 

そろそろ張り替えですね。

 

と言う事で、次はホームストリング!の予定です!(^^

 

大丈夫かな!?!?!? (^〜^;