「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン25回目(サーブの練習)

今回は前半はラリー、中盤はボレー、最後にサーブという感じの内容でした。

 

ラリー

薄めのグリップの効果も手伝ってか、前後左右に振られた際に多くあったフレームショットも減り、ミス無くコーチに返球できる確率がかなり上がっていました。

 

見ていてもボディーワーク、ラケットワークがスムーズかつ安定してきているので、それと比例してショット自体の安定感が出てきています。

 

  1. 厚いグリップのため、浅いショットをラケット下側に当ててしまうフレームショット。
  2. テイクバックが間に合わず、インサイドアウトで当てるだけの右側へのプッシュアウトのショット。
  3. 体の回転を止め過ぎるため、腕打ちになってのフレームショット。(特に上がりながらの時、緩く打つときに多い。

 

上記の3つのパターンがミスの80%以上を占めているのですが、この3つを週1回のレッスンの中でコツコツと練習して来た成果がやっと出始めて来たのかなと感じました。

 

圧倒的に練習の「量」は不足しているのですが、Aコーチの手腕は勿論のこと、本人の意識をも手伝って練習の「質」を維持しているようで、これは沢山誉めて上げても良いかと思います。

 

 

これにあと2、3年して脚力がついてきてフットワークが伸びてくると、いよいよテニスっぽくなってきそうで、今から楽しみです!(^^

 

親子でシングルスができそう!(^^

 

 

ボレー

感覚を忘れないように少しだけフォアボレーをしていました。

 

あまり細かい事はやらず、フットワーク、ステップが自然に出来た時に誉められるような、そんな感じです。

 

サーブ

かなり久しぶりに少しサーブを打たせてもらっていました。

 

トスアップがかなり不器用で20球ぐらいに]1球の割合でしか良いポイントにトスが入らないので、当然サーブは滅茶苦茶です・・(^^;

 

なので、途中コーチがトスを上げてくれ、息子はそれを打つだけという形式に切り替えたところ、ある程度良い感じで打てていました。

 

という事で、打つ方は大きな問題はないので、自宅でトスの練習をコツコツすると良いよとアドバイスをもらいました。

 

 

さて、数ヶ月前にその練習を3日坊主?でやめた息子・・・今回は自主的に続くかどうか???(^-^

 

 

その他

テニスを始めた初心者の頃は1週間もテニスをやらないと、かなり調子が狂ってしまうものだと思いますが、ここの所はそういう事が随分と少なくなってきているように思います。

 

 

基礎ができつつあるのかな?