読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニス上達のロードマップ作り。ひとまず。

今が一つの「壁」で、これより先に進める可能性があるのか?という興味があります。

内容が正しいかどうかは分かりませんが、自分なりの簡易的な上達ロードマップを作り、レッスンに最低限の課題意識をもって臨みたいと思います。

 

Phase1 サーブゲームを確実にキープする

目標期限:2015年1月末

 

【ポイントパターン】

  1. 1stサーブで崩して甘いリターンを誘い、チャンスボールを(エース狙いで)攻め込み、前に詰めてボレーでフィニッシュする。
  2. 相手の苦手なコースに2ndサーブを入れイーブンからスタートし、粘り強くクロスラリーを展開し、相手にミスが出ればチャンスボールを(エース狙いで)攻め込み、前に詰めてボレーでフィニッシュする。
  3. リターンゲームでは無理をせず、単調でも良いので粘り強くクロスラリーを続け、相手のミスを誘う。

 

【強化項目】

  1. 1stサーブ:デュースサイドからワイドへ逃げるスライスサーブ(トップスライス可)。
  2. 1stサーブ:アドサイドからワイドへのトップスライスサーブ。
  3. 2ndサーブ:両サイドでワイド、ボディー、センターを確実に打ち分けるトップスライスサーブ。※時折、両サイドから1stセンターへのスパイスとしても使える。
  4. サービスラインやや後ろ辺りのチャンスボールを足を動かし、引きつけて、高い打点で打ち込むフォアハンド。
  5. サービスラインやや前当たりの浮き球をボレー(またはスイングボレー)カットでオープンコースへ。
  6. オープンコートへのボレーフィニッシュ。(アングル、ドロップも。)
  7. サービスラインより前のロブをオープンコートにスマッシュ。
  8. 中ロブ、ロブの返球を下がらずにライジング気味にクロスへ返球する。
  9. フォハンド、バックハンドのトップスピン クロスストロークを安定させる。
  10. クロスへのバックハンドスライスを安定させる。

 

これらの場面でのショットをミス無く、自信を持って打てるように繰り返し練習し、自己のメンタルを安定させる。

 

1ポイント目を確実にとり、15-0をつくる!!!

 

Phase2 リターンゲームでプレッシャーをかける

目標期限:2015年4月末

 

【ポイントパターン】

  1. 1stに対するリータンミスを限りなくゼロにし、2ndに対しては時に攻め込む事でサーブに対するプレッシャーをかけ、無理なサーブを打たせる。
  2. 楽にポイントを与えない事でプレッシャーをかけてミスを誘う。
  3. チャンスボールをミスさせることによって、決めなければならないプレッシャーをかけてミスを誘う。
  4. 2ndに対してはリズム、球種、コースを変えて的を絞らせないようにする。
  5. 粘り強くクロスラリーを展開し、甘い球は積極的に前に入って攻め込む。(リターンゲームでは50%はミスでも構わない。)

 

【強化項目】

  1. 相手のフォームを良く観察し、癖から球種とコースを読む。
  2. 1stサーブに対してはイージーなリターンミスをゼロにするよう、スプリットのタイミングを合わせる事に集中する。
  3. 1stサーブに対してはイージーなリターンミスをゼロにするよう、フォアなら右足を前にステップ、バックなら左足を前にステップする。
  4. 1stサーブに対してはイージーなリターンミスをゼロにするよう、毎回腰と胸の間をイメージしてフィニッシュの位置を適切に設定する。
  5. 2ndサーブに対してはベースラインの前に入り、タイミングを早くしてコースを打ち分ける。ダウンザライン、ショートクロスも早めに1本打ち抜き、相手にイメージを植え付ける。
  6. チップ&チャージ、チェンジオブペースを最大限に活用して相手に色々と考えさせる。特にバックハンドスライスを多めに活用する。

 

相手の心理に着目し、常に揺さぶりをかけ、ブレイクのチャンスを伺う。

 

0-30など、相手が油断し易い時こそチャンス!

 

Phase3 相手の良さを消して優位な状況で攻め勝つ

目標期限:2015年10月末

 

【イメージ】

Phase1でサーブゲームのキープ力を高め、Phase2でレシーブゲームのブレイク力を高め、一般的な基礎を固める。

 

次にはより相手の技能、心理、ポイント状況などに着目したゲーム展開ができるよう、細分化したテニスを試みたい。

 

が、実際ここはあまり想像が出来ない世界なので、具体的には考えず置いておきます。