読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

錦織くん、準決勝進出!(ツアーファイナル2014)

f:id:toshitama:20141114094652j:plain

 

ラオニッチの棄権で対戦相手がフェレールになったのは驚きましたが、フェレール自身も結構驚いていたようですね・・・(^^;;

 

準備が難しかったことは想像に難くないです。

 

そんな状況下でもプレイ、戦う姿勢共に高いクオリティーを維持し、良い試合を観せてくれた両選手には「流石にトッププロだな。」という尊敬の念を抱きます。

 

あと、フェレールの試合直前のインタビューを聞いていると「凄く良い人なんだろうなオーラ」が満載でした。

 

ナダルにしても、フェレールにしても、フェデラーにしても、デルポトロにしても、錦織君にしても・・・コートの中と外では別人格?という選手が多いですよね。

 

そんなギャップも楽しかったです。

 

 

勝ちそうな雰囲気全開!

今回の錦織君、前試合のフェデラー戦と違ってインタビュー、廊下での待機、入場、コイントスと、心の準備が整っていて完全に試合に入っていっていましたね。

 

戦闘モード、集中モード、ゾーン一歩手前!という感じで、「今日は勝ちそうだな。」と感じました。

 

フェデラーのような貫禄の?魅惑の?幻惑の?ボディータッチも無かったですし、集中し易かったのではないかな。

 

 

やっぱり難しそうなコートだ!



上記の記事でも書きましたが、やはりここのコートは非常〜〜〜〜に難しそうですね。

 

パワーだけじゃなくて「卓越したテニスの技術」が無いと勝てないセッティングになっているような気がします。

 

フェデラー(やジョコビッチ)の好調の要因、いつも以上に他選手と差が出ている要因も「そこ」にあるのではないでしょうか。

 

  1. サーフェスが遅いのでパワーサーブのみで決まらない。
  2. 相手のボールに球威がないので自分から打ち込む事が必要だが、インドアで飛ぶので、繊細かつパワフルな天才的ショットが必要。(抑えて打つとロングに抜け、振り過ぎてもロングアウトになり、軌道を少しでも下げるとネットの餌食になってしまう。)
  3. 相手の球威が無いのでカウンター、パッシングも使い辛く、守備一辺倒では勝てなくて、結局は「攻め」が必要になってくる。

 

なので、攻めの引き出し、多彩さ(コース、球種、ペース、心理・・・etc)を持った究極のオールラウンダーしか勝てないコートなんじゃないかと思ってしまいます。

 

「チャンスボールを躊躇無く攻めきれる強心臓」と「究極のボールタッチ、ショット技術」と「攻めの多彩さ」を持っている選手が勝つのでしょう、きっと。

 

となると・・・フェデラー有利???(^^)?

 

 

 

フェデラーのフォアを見ていると、まるでインパクトでボールとの対話をじっくりと楽しむかのように、比較的ローテンションと思われるラケットでかなりボールの下にラケット入れて、一度しっかりボールを捉えてスピン量を調整しつつボールコントロールしているように感じます。

 

うん、正に天才!

 

一方、訳が分からないのが錦織君。

 

あの厚いグリップなのに「点」を「点(弧)」で打ち抜くようなピーキーなスイングに見えるのに、どうしてあの天才的なタッチが出せるのでしょうか???

(※流石に今回は合わせるのに苦労しているようですが・・・。)

 

バックのダウンザラインもかなりフラットですし、迷い無く前に入って打ち抜くしかないです。

 

それでも今回の試合後半のようなゾーンに入れるなら、フェデラーに負けず劣らずこのコートセッティングでも戦えるのかもしれませんね。

 

 

そうそう、できれば対極的なアプローチをする好調のナダルにも出場して欲しかったですね。

 

どう対応してくるのか、非常に観てみたかったです。

 

 

 

 

さてさて、準決勝、決勝が楽しみですね!!!(^^