「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン104回目(集中状態の作り方、コツなど。)

中上級 AMコーチ 参加者:4名 コート:2

 

何と、AMコーチがぎっくり腰!それなのにちゃんとレッスンされてて・・・(T。T

 

これは絶対に疲労性ですね。生徒としてはAMコーチがレッスンしてくれると楽しいので非常に嬉しくありがたいのですが、ここは是非休んで頂きたい(※休ませてあげてください・・)。少し良くなっても、もう90分ずっとダブルスとかにして、ゆっくり?座っていてくださいね・・。

 

ツアーファイナル観てたらテニスがしたくてたまらない!

今回の風邪が本当にしつこくて、頭痛、怠さ、胃腸の不具合など2週間ずっと治りきらない。

 

当然その間は継続していた軽い筋トレも出来ず、素振りも出来ずで、すっかり筋肉が落ちてしまいました・・・。

 

さらに、首筋が寝違い一歩手前になっていたり、PCの使い過ぎなのか眼精疲労、肩こりと、完全に「おっさん」。

 

が、ATPツアーファイナル、あんなテニス観てたら自分もテニスがしたくて したくて・・。当然、レッスンに行ってしまいました・・。

 

すると、首筋の痛みなども全く感じず楽しくテニスできました!(^^

 

しかし、帰ってからチェックすると、結構ピキピキしていましたので、治った訳ではなく、楽し過ぎて気がつかなかっただけだったようです。

 

「おっさん」なので くれぐれも無理はしないよう! と自分に言い聞かせつつ・・・。

 

成果反省

高い打点での打ち込み、サーブ&ボレー、リターンが主な内容だったのですが、どれも課題のものなので、頭使って頑張りました。

 

 

気付きは以下の通り。

 

サーブの気付き
  1. デュースサイドからのワイドのスライスサーブは有効である。
  2. アドサイドからセンターへのスライスサーブは有効である。
  3. スライスを軸として、ボディーへのフラット、バックへのスピンを交ぜるとタイミングを外せて有効である。

しっかり、コースを狙っていくと、本当に楽にサービスゲームが展開できますね。速度をMaxに上げなくても、単調にならなければ緩急の効果でクリーンヒットされ辛いです。

 

リターンの気付き
  1. 毎回、フォア、バック、ボディーのリターン成功イメージを作りきってから構える。
  2. 踵を上げて、つま先荷重で5〜10cm前に入る形でタイミング良くスプリットステップを入れる。
  3. フォアならターンと同時に右足をセット、バックなら左足をセット、これを毎回確実にする。

これをさぼらずに「確実」に行うだけで、がらっと成結果が変わります。途中、成功し過ぎていて「そろそろ失敗?」と失敗イメージが頭をよぎった時はやはりリターンネットでした。

 

ナイスサーブの時は仕方が無いとしても、自分の能力で取れる範囲ではイージーミスを無くす事は出来るはずだと感じました。

 

集中状態の作り方、入り方のコツ?
  1. 周囲の目を気にせず、自分の課題だけにひたすら集中し、他は捨てる。
  2. 同じコースの同じショットの精度を高めるように、繰り返し繰り返し繰り返し、微調整を繰り返す。

兎に角、欲張らずに「一つ」だけを繰り返すことで、結果全体的に良くなって行きます。

 

今の場合はデュースサイドからワイドのスライスサーブ、アドサイドからセンターへのトップスライスサーブ。

 

ここを練習していると、低いレベルではありますが、自分なりのちょっとしたゾーン状態に近づく事ができます。

 

その他

グランドストロークインサイドアウト気味になっていて改善したい。

 

相手に左右交互に返球することを繰り返すと、正面を向いてインパクトの2点の意識で改善できそうなので、次回以降試してみようと思います。

 

バックハンドは引きつけて、横に入って、下から入れて、ワイパーで・・。

 

 

 

意識を変えてから、手応えのあるなかなか良い練習ができています。頑張ろう!

 

 

黄金スペック ピュアドラ(300g)の感想

Newモデルが発表になったところですが、旧モデルとなる現行モデルをUさんに借りて打たせてもらいました。

 

何を隠そう?ピュアドライブを打つのは初めてなので、興味津々でした。

 

一言感想だけ。

黄金スペック ピュアドラ(300g)の感想

サーブ&ボレーを4ポイント試しただけで、ストロークはゼロ、ボレーも2本程なのですが、やはり弾きは凄いですね。

 

ナイロンガットということもありますが、飛び出し角度がかなり上目で、ピュアストライクと同じ感じで振ると飛んでいきます。

 

しかし、ぐっと押さえ込むように打ち込むと、なかなかの速度でばしゅーんと飛んでいきますし、確かに楽できるラケットですね。

 

個人的には使い続けると、手首だけで調整しようと横着して、段々調子を落としていきそうな感じはありますが、それはラケットの問題ではなく、個人の横着です。

 

どんな打ち方をしても、ある程度同じように飛んで行くような不思議な感覚がありましたが、ピンポイントで狙うのではなく、球威でおしていくようなスタイルだとかなり使い易いラケットだと思います。

 

賛否両論ある打球感ですが、悪い印象はありませんでした。

 

これは凄いラケットですね。

 

 

シグナムプロ ハイペリオン 1.24mm(SignumPro Hyperion)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:55ポンド(1本張り)

ストリンガー:自分(3張り目)

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 0日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 7日経過 80点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 14日経過 80点

 

変わらず良い感じです。ハイペリオン、かなり好みです!(^^

 

レーザーコードと同じ感じ!(^^ 

うん、自分にはこのタイプが合うんだと、はっきり分かりましたね。

 

もう迷わないでおこうと思います。