読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

娘には娘なりの苦労があって。

c.子育て

プリスクールの発表会(演劇)が無事に終わりました。

 

公園遊びも控えて皆でずっと練習していたようですので、先生、生徒ともに大きな充実感があったようで、こうして一つ一つ学んで成長していくんだなと。

 

 

2つの出来事

昨日、今日の二つの出来事でふと思う事がありました。

 

1.前に出ない、積極的には意志を表さない娘

今回の発表会では台詞は少な目でした。(※怒っているわけではありません。)

 

少人数だった事もあってか「これやりたい!」と積極的に発言する息子と違い、娘は発言も控えめで、更に何でも聞き分けよく問題を起こさないので先生も安心して後回しに出来るためか皆の中に埋もれるようです。(※今年から駐車場の問題などがあり先生とのコミュニケーションの時間が少なくなったので、本当は違うのかもしれませんが。)

 

小さな集団でも「ひとつの社会」であって、意志を示さない限りは「チャンス(機会)」は得られませんのでそれはそれでOKですし、娘本人も他のお友達の分まで台詞を全て覚えたり、一体感を感じたり、一生懸命に練習したり、と、「やりきった達成感!」が出ていましたし、自分でも「頑張った!」と言っていました。(^^

 

周囲の評価云々ではなく、自分なりの楽しみを作り出して頑張っていたのは素晴らしい事ですし、何より凄く凄く可愛らしく何とも嬉しい気分にさせてくれたので、「よく頑張ったね、ありがとう!」と家族で誉めてあげました。(^^

 

 

 

2.英語で意志を表現できなくて、我慢してしまう娘

今朝、出発前にスカートの腰から下着(シャツ)がはみ出ていた娘。

 

嫁さん曰く、迎えに行っても下着がスカートに入りきっていなかったりする事が時々あるらしく、ちゃんと入れるように娘に伝えていました。

 

すると、息子と同じく?マイペースで、着替えたり準備したりするのが遅いようで、お友達から「●●ちゃん、遅いよ!」といつも言われているようです。

 

それで急いでしまって下着が入りきらないんだそうです。

 

少しくらい遅くても良いから、ゆっくり準備したら良いよと言うと、「どう言ったら良いか分からへんねん。」と・・・。

 

そ、そうか、英語ではまだ難しいな〜。

 

「 This is my pace!!! (^^ 」はどう?と言ってみたところ、ちょっとニコニコして考えていました。

 

分からない時は先生にフレーズを聞く事も出来ますし、日本語で言う子もいますが、「日本語は禁止」といルールを頑に守る娘はもういう態度になるようです。

 

 

ちなみに、息子も黙っていたらしいですが、先生曰く「1年間で急いでいる姿を1回も見た事が無い。」とか。

 

一度、トマトだかキュウリだかの水やりの時に「走った」らしいのですが、その時は先生が「息子君が急いでいました!初めて見ました!」と大興奮されていました・・・(^-^;;

 

 

 

2つの出来事からの考察

そんな事が重なり、同じ環境にいた同時期の息子は やりたい事をやりたいようにやれていたようですが、そのように出来ない娘には自由に振る舞いたいこの時期に結構な苦労や我慢をさせているなと、ふと少し考えてみたり・・・。

 

いや、息子も口に出さないだけで、色々と苦労していたんだろうな。

 

しかしその反面、「人の痛みを感じる心、人の心を察知する心、状況を把握する視野の広さ、優しさ、感受性・・・。」こういった部分が苦境だからこそ良く育っているようにも感じます。

 

また、もともと本人達が持って生まれた部分も大きいでしょうし、親が思う以上に子供は自立し、自ら育つ力があるのだと信頼して、ネガティブな要素に目を向け過ぎず、将来「自分らしさ」や「自分の居場所」というものを自分の手で得られるように育ってくれることをサポートできればと思います。

 

 

 

それに「みかん食べたい!」や「りんご食べたい!」など、大好きなフルーツに対してはどんな駄目だと言っても聞かないですし、はっきりした意志は示します。(^^;;

※最後の最後までややこしい息子と違って、最後は話も通じますし。

 

探ってくる時は間接的に「●●はあかんよな?いいのかな?」と言ってきますし、それなり賢くやっています。

 

一番の友達で、一番大好きなお兄ちゃん(息子)には我がまま全開ですし、私にはツンデレ?のように?色々と転がそうとしてきますし・・・(^_^;;

 

 

 

 

親の知らない所での「我慢」や「苦労」を目の当たりにした瞬間は少し不安になってしまいますが、こうやって改めて整理してみると、しっかりバランスも取れていると分かり安心できます。

 

 

 

毎日笑顔が出るように! 毎日我がままが出るように! 

 

 

過信、油断だけはせず、おおらかで寛容に接する事を心掛けていこうと思います。