読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

初の秋冬キャンプを振り返って。(主にモンベルのシュラフについて)

b.キャンプ日記 b.キャンプグッズ

息子が小学生になって何かと忙しくなり、キャンプに行くのも難しくなってきました。

 

雪中キャンプは無理でも「〜12月初旬」と「3月初旬〜」というように0度くらいまで対応できれば、キャンプシーズンを長く確保できて年に3回くらいは行けるかな?という目論見があり、今回は思い切って11月下旬の冬キャンプに挑戦してみました。

 

そこで気付きいたこと、確認できたことなどを簡単にまとめておきます。

 

冬の装備:シュラフ購入について

何と言っても、まずは冬用のシュラフが必要です。

 

今まで使用していたのは「ロゴスのneos プレージア10」というシュラフで、最低使用限度?適正温度?が10度のものですが、実際は夏用と思った方が良い位のもの。

 

タオルケットや毛布などがなければゴールデンウィーク辺りでも寒くて眠れません。

※実際に失敗体験ありです・・・。

 

そこで、今回は「0度付近でも薄着でほかほかと快適に眠れるシュラフ」を手に入れ、タオルケットや毛布といった無駄で嵩張る装備を減らそうとう魂胆です。

 

キャンプ用品はネットで購入せず、実物を見て店舗購入する事が殆どなのですが、今回は特にじっくり寝心地や暖かさ、そして収納サイズを確認したかったのでmont-bellストアに出向きました。

 

購入候補は2つ

事前の調査では

  1. ファミリーバッグの#1(封筒型)
  2. バローバッグの#0、#1あたり(マミー型)

の2点に絞り込んでいたのですが、収納サイズに問題なければ1つ1万円以内で購入でき、なおかつ窮屈でないファミリーバッグが本命でした。

 

ファミリーバッグ#1

しかし、実際に実物を見てみると・・・大き過ぎます、ね・・(^_^;;

 

それでも一応寝心地を体験させて頂いたのですが、寝心地はなかなかGoodでした。大きい分(敷き布団にあたる)体の下部分がかなりしっかりしていて、それこそ「布団の寝心地」に近いです。

 

掛け布団にあたる部分は少しゴワツキがありますが、首元をギュッと絞れるドローコードのようなものがあり、これを絞るとマミー型には劣りますが、フィット感が向上して空気が逃げ辛くなり随分暖かくなりました。頭部が寒い場合は別途フードや帽子を用意して、かぶって寝れば良いかなと思います。

 

収納袋も大きく余裕があるので、縫い付けてある紐でくくれば問題なく収まりおます。

 

しかし・・・いくらオートキャンプでもこれを4個積込むスペースは家のC4ピカソには残されておりませんでした・・・。渋々ですが、候補から除外です。

 

ダウンハガー900#2

オートキャンプがメインなので、ダウンモデルではなく、扱いが容易で結露にも強いエクセロフト(化繊)モデルを考えていましたが、ご好意でダウンハガー900#2も試させて頂きました。

 

まず収納サイズは格段に小さい!そして軽い!これは魅力的ですね(^^

 

寝心地は圧倒的に軽いです。ちょっと不安になる位ですが、ジワジワと暖かくなってきました。店内は暖房で20度位あったのですが、おそらく寒い所で使用するとダウンの特性で「ぶわっ」と膨れ上がってくれて更に保温力がアップするのではないでしょうか。また、コンプレッション状態から出した直後だったので、もう少し広げて空気をたっぷり吸わせておけば、更に暖かく感じるようにも思います。

 

反面、ダウンなので厚みは薄く、(敷き布団にあたる)体の下の部分のボリュームも少ないので、寝心地はエクセロフトモデルの方が良い感じでした。

 

この収納サイズと、収納の手軽さを考えると一瞬グラッときましたが、今回の目的からは逸れるのでこれも候補から外しました。

 

バロウバッグ#0? #1? #2? どれ?

と言う事で、バロウバッグを試させて頂いたのですが、まず寝心地が良いんです!(^^

 

表皮の肌触りがシルキーで気持ちよく、更にエクセロフトもダウンには劣りますが、想像以上に軽くてフィット感も抜群です!

 

そしてダウンに比べてボリュームがあるので(体の下部分の)寝心地も良好で気持ちが良く、そして軽すぎず適度に「安心感」があります。

 

収納サイズも今のロゴスと同等に収まりそうなので、許容範囲です。

 

バロウバッグを購入する事に決めましたが、後は何番にするかです。

 

店員さんのお勧めは「ダウンハガー#2」でしたので、【コンフォート温度】-2度【リミット温度】-8度という感じ。

 

基本的にダウンでもエクセロフト(化繊)でも番号が同じなら暖かさは同じという事だったのですが、「バロウバッグ#2」なら【コンフォート温度】2度【リミット温度】-4度という事で、ちょっとスペック不足な気がします。何故???

 

となると、

  • #1の【コンフォート温度】-3度【リミット温度】-9度
  • #0の【コンフォート温度】-7度【リミット温度】-14度

のどちらかになりますが、普通に考えれば「#1」になりますし、店員さんも#1がオススメとの事でした。

 

しかし、20度の店内でファミリバッグ#1【快適睡眠温度域】-9℃~ を試しても暑くはなかった。

 

そして、嫁さんは極度の寒がりで夏でも就寝時にはエアコンは使いません。

 

ちょっとオーバースペックを心配されましたが、私の独断と偏見で「#0」を4つ購入する事にしてしまいました。暑ければ、ファスナーを開けて対応することにします!

 

そして、大人用に「スーパーストレッチスパイラル」を2個、子供用に「スパイラル」を2個の合計4個を購入しました。ふぅ〜、これでやっと冬キャンプに行けます。

f:id:toshitama:20141130232347j:plain

f:id:toshitama:20141130232359j:plain

 4人分ともなると、シュラフだけで結構な出費になりましたが、睡眠が大事な事、防寒対策が大事な事は身にしみて分かっていますので、ここはケチってはいけません、絶対に。(※ケチって失敗済みなので、間違いありません!)

 

それに、行けなくなって余計に実感するのですが、やはりキャンプは最高に楽しいですし、子供達にも相当良い影響が出ているのは間違いありません。

 

この楽しみ、この機会に対して、時間と情熱とお金を投資する価値は十二分にあると感じています。

 

 

自宅での予行演習

いきなりのキャンプで新シュラフを投入するには一抹の不安が残っていたので、自宅で試す事にしました。

  • 寝心地や使い勝手はどうか?
  • 暑すぎないか?寒すぎないか?
  • 子供ははい出てこないか?窒息しないか?

こんな事を確認したかったのです。

 

そして、室内気温は14度程度で、上下ともに薄手の長袖パジャマという格好でベッットの上で寝てみましたが・・・・全然暑くない!

 

いや、むしろ首元を開けたままだと少し寒い!

 暑すぎる事を心配していたのですが、これは#0で大正解の予感・・・。

 

しかし、子供達はちょっとファスナーを開けないと暑くてはい出て来ていました。

 

個人差が大きいのかな・・・。

 

実践投入しての結果、感想など

芝生の上に「グランドシート」「インナーテント底」「インナーマット」「サーマレストZライト」と敷き、その上にバロウバッグという形で寝ました。

 

就寝の22時30分時点で外気温は4〜5度程度、テント内は6~7度程度でした。

明け方は外気温1〜2度、テント内は3~4度程度でした。

 

子供達は薄手の長袖のパジャマ、首元に柔らかいタオルを巻き、モンベルの冬ジャケット(エクセロフト)と薄い綿毛布1枚掛けてました。

 

これで朝までぐっすりでした。途中で少しだけ暑がりましたが、汗をかく事はなく、基本的には丁度良かったのかなと思います。

 

嫁さんは850FPのアウトドア用のダウンパンツを履き、厚手のフリースジャケットを着たまま。更にシュラフの上にユニクロのロングダウンをばさっと掛けていましたが、これでも首元が少し寒かったようで、首元をマフラーのようなもので塞いで暖かくなったようです。

 

 

私は暴風のストレッチ性のあるアウトドアパンツと厚手のフリースジャケットを着たまま。モンベルの厚手の靴下も履いたまま。足下にはソフトシェルジャケットをかけ、首元には薄手のマフラーをして、マミーの帽子もかぶって寝ました。

 

それだと、足下は少し寒かったのですが、1時間程すると上半身は汗ばむ一歩手間で少し暑くなりました。

 

なので、首元のマフラーを外し、フリースジャケットのファスナーを空け、頭の部分もかぶらず、靴下も脱ぎ、シュラフのファスナーも少し開けるようにして丁度良い感じになりました。

 

そうそう、靴下は脱いだ方が暖かかった!足下の空間をできるだけ無くす方が暖かいですね。

 

流石に明け方には寒くなってきたので、もとの通りにして眠る事ができました。

 

シュラフ表面は冷たく、ややしっとりしている感じはありましたが、結露までは行かないくらいの感じでした。

 

感想

結論として、あまり着込まずに寝たいのであればバロウバッグ#0は必要かと思います。

 

ただし、暖かさは「シュラフ内に如何にデッドエアを蓄えるか」によって大きく影響されることが分かりました。

 

首元を開けていると#0でも寒いですが、しっかり密閉すると体温で随分と暖かいものです。

 

足下にも小さなフリースのブランケットなどを詰めたりするとなお一層暖かくなると思います。

 

また、自宅で眠った時は175cmの私でも少し窮屈に感じロングモデルにした方が良かったかと後悔していたのですが、実際はジャストサイズで良かったと思います。寒いと動かないので、窮屈にも感じませんでした。

 

あと、「スーパーストレッチ」と「ストレッチ」ではスーパーストレッチの方が、内部にも膨らんでいてボリュームがあります。その分、やや窮屈ですが密着度は高く、若干ですが暖かいですし、寝心地もフィットします。

 

好みの問題ですが、寒がりの方はスーパーストレッチ、マミー型でも少しでもゆとりが欲しい方はストレッチが良いように思います。

 

バロウバッグの収納方法

ボリュームがあるのでスタッフバッグに入れるのに苦労するかもしれません。

 

色々試しましたが、以下の方法で上手くいきました。

 

  1. 細長く半分に折りたたむ。
  2. 体で抑えて空気を抜きながらクルクルと丸めていく。
  3. スタッフバッグを最大に緩めておいて、シュラフを底から詰め込む。
  4. おそらくどんどん膨らんできて綺麗に入りきらないですが、構わずに底へ底へとぎゅぎゅっと押し込んで詰め込んで行く。
  5. 最後にコンプレッションベルトで締め上げる。

 

こんな感じで、綺麗に入れようと思わず、ある程度「突っ込む」ように妥協すると短時間で小さくまとめる事ができます。