読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

4張り目(GAMMA TNT2 Tour 16)

a.ストリンギング

GAMMA TNT2 Tour 16

f:id:toshitama:20141206210520j:plain
 
ストリングマシンを購入した際のサービスガットの「ガンマのTNT2ツアー16ゲージ(1.32mm)」を息子に張りました。
 
張り替え前は「Tecnifibre NRG2 1.25mm」を53ポンド(1本張り)にしていましたが、半年近く使い続けていましたので、流石に反発も無くなっておりました。
 
クロスのノッチ(マルチなのでクロスが先に削れる)も半分程に到達しており、いつ切れても良いレベルでした。良く頑張っているんですね。
 
前回のレッスンでは端から見ていても明らかに飛びが悪く、もっと早くに張り替えてやるべきだったと反省です。
 

ストリンギングMemo

ラケット:バボラ アエロプロドライブ ジュニア25インチ (Babolat AeroPro Drive Jr25)

張り方:1本張り。クロスは下から。

テンション:53ポンド

ノット:パーネルノット

張り時間:2時間30分(※失敗がなければ100分程度かと思われる。)

 
ナイロンは初めてでしたが、ポリと比べると相当張りやすいですね!
さらに18×20ではなく、16×19という事で尚更楽でした。
 
 
〜特記〜
  • 張り方は基本的に前回(3張り目)と同じですが、今回はトップ部分のみGosenのH型アタッチメント(GM HAT)を使用しました。ガンマのビリヤードの幅がアタッチメントの溝幅よりも太くて焦りましたが、ビリヤードの先端樹脂部分の替えパーツが沢山付属しているので、それを変更することで問題なく対応できました。
  • センターの4本はアタッチメントを使用していたので、+2ポンドの55ポンドに設定しました。ここが少し緩くなったり不均一になったりするように思っていたのですが、今回は良い感じでかなり均一になったと思います。
  • メインの左右の端、クロスの上下の合計4本は+10ポンドの63ポンドにしました。本来はノット時の2本のみで良いのかもしれませんが、左右対称(均一テンション)にしたいのと、ノット時には目打ちして緩みを極力防止しているので、4本ともにアップしているほうが、何となく良いかと思いました。

 

あと、このストリング(ガット)は開封時に絵の具のような臭いがしており、ストリング表面もかなりヌルヌルと油っぽいコーティングがされています。

 

ストリングマシンのグリッパーが滑ってしまったので、再度車のパーツクリーナーでしっかりと脱脂して対応しました。

 

丸めた状態ではツアーでない通常のTNT2よりは張りが強く固めなのですが、解いてみると十分しなやかな感じです。

 

〜息子の要望〜

怪我防止の意味も含めて50ポンド以下にしたいのですが、硬めの打球感が好きとの事で、テンションを下げる事は拒否。

 

オールでしっかり叩いて張り上げたこともあり、なかなかしっかりと面圧が出ている印象です。

 

しかし、球出し球付きレベルのフィーリングとしてはなかなか良い感じで、明らかに6ヶ月使用したNRG2よりは反発があり気持ち良いです。

 

やはり最長でも3ヶ月以内には張り替えしてやろうと思います。

 
〜失敗〜

メモリを読み違えてしまし、クロスのテンションを58ポンドで張り上げておりました。

 

間違いに気付いたのはクロスを15本程張り上げた時・・・。何でこんなに鈍臭くて不器用なのか・・・。嫌になります、本当に・・・。

 

仕方がないので一度クロスを解き、再度53ポンドで張り直しました。

 

苦労した甲斐があってか、なかなかの仕上がりになったように思います。
 
 
〜遅い理由〜
  • 分銅の位置(水平)が一発で決まらないこと。(Stringwayのマシンなら楽ですね!)
  • 目飛ばしをしないよう、毎回丁寧に丁寧に確認していること。
  • オールで叩いて升目を整えていること。
 
全体的に遅いのですが、特に上記の部分で時間がかかっています。
 
何とか90分以内を目指したい所です。