「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン110回目(背中を寝違え?)

中上級 AMコーチ 参加者:8名 コート:2

 

待ちに待った年明けの初テニスの日です!(^^

 

が、朝起きると・・・突然右肩の肩甲骨の裏(中)辺りに痛みがあります。年末に左肩側を軽く怪我したのですが、それと反対の部分・・。それよりも痛みは大きくて、ちょっとテニスは無理か???

 

ん〜何故???何の前触れもありませんでしたし、寝る前まで何ともなかったのに!

 

おそらく、首筋を寝違えたのと同じような感じで、それが背中に発生したのだと思います。

 

嫁さんに凝っている部分をほぐしてもらい、更に湿布薬を張って夜のレッスン直前まで様子を見る事にしました。

 

レッスン前に怖々と素振りをしてみたところ、バックハンドスライスを打つ時は痛みがありますが、その他は意外と痛み無く振れましたのでキネシオテープでテーピングしてレッスンに行く事にしました。

 

おそらく怪我ではなく、筋肉が凝り固まっているだけだと思うので、軽く動かした方が早く治りそうな気もしたのです。

 

テーマ、発見など

今回は久しぶりのテニス&背中の具合も良くなかったので、リハビリ的な感じで大きなテーマは設けないようにしました。

 

ただ、

  1. 「フォアハンドの修正」
  2. ストロークのプレースメント」
  3. 「集中状態の作り方」

の3点だけ?は軽く意識しようと。

 

なので、この全てをまとめて取り組むために「ストローク練習で相手のフォア、バックと交互に打ち続ける。」という事だけに集中してみようと思いました。

 

結果としては、フォアの垂直面を保つためにテイクバックの修正が上手くいかず、そこに気を取られてプレースメントの意識が無くなってしまいました。

 

まあ、これはしばらく継続してやっていこうと思っていますので、焦る事ではないと自分に言い聞かせて。

 

 

あと、サーブ&ボレーのポイント練習があったのですが、サーブ側に入った時は今までにないくらい良い感じで、「あれ?こんなに上手かったっけ?(自分比)」というくらい、調子が良かったのです。

 

ほぼ無欲で、右脳中心でイメージして動く感じで、何も考えてないで力む事無くプレーしている感じだったのが良かったようです。非常に珍しい経験でした。

 

一方、レシーブ側に入った時は「スプリット、ステップ」など具体的に改善したい課題が山盛りあって完全に「欲」が出てしまい、ミスが目立ちました。

 

最後のダブルスゲームでも、サーブ&ボレーの動きを引きずったまま、ステイバックの意識という矛盾した状態でサーブをしたがために、デッドゾーンに立ってしまい、ミスを連発・・(^-^;

 

昨日の流れなら、前に出ての平行陣で勝負すべきでした(^^;

サーブでも明らかに力みが出てタイミングがずれ1stの確率が下がってしまいました。

 

それでも、段々と集中状態の作り方は少し上手くなってきた手応えがありますので、ここをマスターして行きたいなと思います。

 

 

シグナムプロ ハイペリオン 1.24mm(SignumPro Hyperion)定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:55ポンド(1本張り)

ストリンガー:自分(3張り目)

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 0日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 7日経過 80点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 14日経過 80点
  • 4回目(1.5h) 累計(6.0h) 21日経過 70点
  • シングルス(1.0h) 累計(7.0h) 25日経過 70点
  • 練習会(1.0h) 累計(8.0h) 25日経過 70点
  • 5回目(1.5h) 累計(9.5h) 28日経過 60点
  • 6回目(1.5h) 累計(11.0h) 35日経過 50点
  • 7回目(1.5h) 累計(12.5h) 49日経過 50点
  • 8回目(1.5h) 累計(14.0h) 51日経過 50点
  • 9回目(1.5h) 累計(15.5h) 63日経過 50点

 

背中が痛くて張り替え出来ず、まさかの継続使用・・・(^^;

 

次こそはNewストリングで!