読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

錦織君!2015年全豪オープン初戦突破!(ニコラス・アルマグロ)

以前楽天オープンで負けた時のイメージがあったので、ちょっと心配していたアルマグロ戦ですが、しっかり勝ちきりましたね!よし!(^^

f:id:toshitama:20150119203445j:plain

順当勝ち!?

プレッシャーのかかる中、このクラスの選手に「普通に」勝ってしまうのですから恐れ入ります。

 

アルマグロは元9位と確かな実力を備えた選手ですが、今日の試合に限っては実力差がかなりあって、貫禄勝ちに近かった。

 

正直、応援している方もこれを「当たり前」と感じてしまっていますが、これはもう「そういう選手」であることの証ではないでしょうか。

 

試合を振り返って、ちょこっと感想(2ndセットの途中までしか観ていません!)

1stセット、いきなりブレークされてしまい、そして0-2ダウンまで行きましたが、あまり嫌な感じはしませんでした。

 

と言うのも、相手にやられているのではなくて、まるで新しい戦術に取り組んでいるポイント練習のような雰囲気で、自己のミスに対しては多少苛立ってはいましたが、全力でやっているにも関わらずやられしまっている訳ではないので、本人の中に「負ける」という感情が無いように写ったからです。

 

実際、アドレナリン全開、ゾーン状態でのテニスではなく、しっかり考えて「予定通りの事を予定通りにすすめる」といった試合だったのかな。

 

 

〜ちょっと具体的に〜

アルマグロはサーブはワイドのスライス、センターへのフラット共に良かったですが、やはり脚の故障空けという事もあってかフットワークが悪くて、ここは最大の弱点になっていました。

 

なのでストロークに関してはフォアもバックも「後ろでどっしり構えて、しっかり打ち抜く!」これしか無かった。その分、展開をつくる事が難しく単調なテニスになっていましたし、エラーも多かったですね。

 

例えば、バックハンドのダウンザラインは脅威ですが、前後左右の動きが入ると一気に精度が落ちエラーをしてくれていました。遅めのセカンドサーブに対しても体勢が崩れていました。

 

そしてフォアハンドを含め、浅い球、緩い球に関しても素早く前に入ってこれなかった。

 

なので、今日の錦織君は浅い球、緩い球を意識的にかなり多めに使う事を戦術としていましたね。

 

序盤はその無理に攻め込まない「緩急のテニス」のアジャストに精神的な労力を費やしたようですが、徐々にフィットして行ってのストレート勝ちかなと。

 

ちなみに 

  • UNFORCED ERRORSは50、対する錦織君は21。
  • WINNERSは40、対する錦織君は30。

 

想像ではありますが、戦っている本人同士は最初の数ゲームで「今日の力の差」が分かったのではないでしょうか。

 

アルマグロも序盤のギラギラした感じから、どんどんイライラ、そわそわしていくのが伝わってきました。

 

初めて「チャレンジ」を要求した場面などその象徴でした。ボール1個分インで際どくないショットでしたが、相当追いつめられていたのでしょう。

 

in判定の後、会場は少し笑いに包まれてしまいましたが、その際に笑い返す余裕もなくなっていました。

 

1st終盤に錦織君もしっかりオンラインに対して、チャレンジを失敗していましたが、その時の表情はユーモアこそありませんでしたが、集中状態をキープしていて焦りやイライラは出さすコントロールできていたように思います。

 

やはり、故障空けというのはこの辺りのメンタル、勝負勘という部分を取り戻すのにも苦労するのでしょうね。

 

 

挑戦される側のテニス、グランドスラムを取るテニスを試す!

消耗せずに勝ち上がるという訳ではないですが、それに近い事を心掛けているようですね。

 

本戦出場の選手は皆強く、まして今回のアルマグロのように「バリバリの実力者」がかならず何処かに潜んでいるトーナメントにおいて、「負けないテニス」で「勝ち上がる」というのは本当に大変な事だと思います。

 

まだ1試合だけなのですが、2014年の事はしっかり切り替えて、そういうものを明確に目指しているのだと思うと、本当に頭の良い選手だなと感心しきりです。

 

向上心が凄いですし、本当に「プロ」ですね。

※負けた後の態度など、賛否両論あるとは思いますが。

 

 

そうそう、スポンサー側からの一側面(視点)ではありますが、こんな記事を読むと尚更応援してしまいます。(^^

 



 

 

さて、デルポトロやチリッチのの欠場などは残念ですが、ナダルも順調に勝ってくれましたし、たっぷりと全豪オープンを楽しみたいと思います!(^^