「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン116回目(マニアックなテニスグッズ談義など)

中上級 AMコーチ 参加者:5名 コート:2

 

今回はたっぷりとストロークを打たせてもらい、そして最後のゲームも4ゲームと多めで「今日は打った〜!」という感じで最高でした!(^^

 

ようやく体力も戻りつつあるのですが、これだけ打つとちょっと横っ腹が痛い位にバテバテでした・・・(^、^;; た、楽しっ!!! 

 

軽トレーニング について

体調は戻ったものの筋力は戻らずの状態のため、先週のレッスンではラケットが振れておらず、キレが全くありませんでした。勿論エラーを量産、連発。

 

特にリターンなどで顕著に表れていたのですが、「反応」と「動き」の両方が鈍く感じます。腰がまわらない、キレない。

 

なので対策として、腹筋やスクワットや腕立て伏せなどで鍛えるよりも、「直接的なテニスの動き」の中での軽トレーニングに絞ることにしました。

 

つまりは、「小さなステップ付きの素振り」 だけです・・・(^^;

 

これをした所でぽっこりしたお腹がパキパキに割れる訳でもなく、胸板が厚くなる訳でもなく、腕がポパイになる訳でも無く。

 

実際、見た目には何も変化を感じないのですが肝心のテニスの動きはちょっと良くなりました。

 

やはりテニスには単純なパワーよりも「アジリティー」、「コーディネーション」というような要素が重要だと再確認できたような気がします。まあ、このレベルのテニスで語るほどのものではないのですが・・・(^^;;

 

フォアハンドの改善

素振りをスロービデオ撮影してみたところ、やはりインパクトで少し面が開いています。ボールを潰そうとする意識から「押し過ぎている」ことが原因だったように思います。

 

そこで、「テイクバック時にしっかり面を伏せる」ようにフォームを修正してレッスンンで試行錯誤していました。始めは伏せ過ぎてネットする事も多かったのですが、徐々に新しい面の感覚も掴めてきて結構良い感じになってきました。

 

コツとしては、早めに肩をターンさせ、そしてテイクバック時に一旦ラケットを「置く(停止)」という感覚を持つこと。

 

一般的に言われる「テイクバックを早く」の範疇に入ることかと思いますが、単に言われるがまま早くするのではなく、実際に「有無」の「差異」を痛感したうえで、こういう自分なりの感覚を持っておく事が大事な気がします。

 

AMコーチからも体の伸び上がりが早くてネットする事を指摘してもらったのですが、これもインパクト面が開いていた時はプラスマイナスゼロでネットせず収まっていたのだと思います。

 

今は正しくインパクトが出来たので伸びた分ネットしたのだと分かりましたので、プロセスとしては悪くないと実感できました。

 

ここ(ボディーワークとラケットワーク)が無意識にできるように馴染めば、今度はもう少しフットワークとステップの改善にも着手できそうな気がします。

 

よし、もう少しで良くなる気がします!(^^

 

 

マニアックなテニスグッズ談義

レッスン後、クラス仲間のUさんとSさん、そしてAMコーチにラケットやガットの事をちょっと相談をしてみました。

 

このお二人さん、テニスやテニスグッズに関して異常〜に詳しいんですよね!超マニア!?で、何を聞いても教えてもらえるので嬉しいんですよね〜(^^

 

『気温が3度とかの低温になった時や、バテた時にピュアストライクツアー(18×20)が辛い特があるので「300g強の16×19」で良いモデルがないか?』というのがそもそもの相談内容だったのですが、ラケット変更だけじゃなくて硬めのマルチを張ってみるだけでも結構楽だというアドバイスももらえました。

  • テクニファイバーのHDX
  • バボラのM7

この辺りが良いかもと。

他にも、シグナムプロのマイクロナイト、ウィルソンのNXT、テクニファイバーのX-oneバイフェイズとかの意見交換?をしたり、各社のラケットの打球感の談義をしたり、ルキシロンショット?という存在を教えてもらったりと、時間さえあれば永遠に聞いていたかったような脱線談義?で楽し過ぎました!(^^

 

いや〜、また色々教えてもらおう!よろしくお願いします。

 

シグナムプロ ハイペリオン 1.24mm 定点観測

ラケット:Babolat PureStrike Tour

テンション:55ポンド(1本張り)

ストリンガー:自分(6張り目、ノット失敗気味)

 

レッスン(時間) 使用時間累計 経過日数 自己採点

  • 1回目(1.5h) 累計(1.5h) 0日経過 100点
  • 2回目(1.5h) 累計(3.0h) 7日経過 90点
  • 3回目(1.5h) 累計(4.5h) 9日経過 90点
  • 4回目(1.5h) 累計(6.0h) 14日経過 90点

 

今日も3度以下と寒くボールが跳ねなかったのですが、ストリングが多少緩んだようで、まあまあ悪くないかなという感じでした。

 

ハイペリオンに限りませんが、真冬と真夏でテンションや銘柄を変えるという理由も初めて分かってきました。