読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2ndラケット候補を比較してみる。(ProStaff97/Blade98/PureStrike16×19/V-core Tour G)

気温が3度程度の冬場・・「ピュアストライクツアー+ポリ」ではちょっと厳しい事が分かりました。

 

ストリングをナイロン(マルチ)などに変更すれば良いのですが、理想を言えばセッティングを変えた同じラケット(ピュアストライクツアー)を2本用意しておきたい所です。

 

あと、体力、体調が優れない時にもラケットが振れないな〜(重い)と感じた事も何度かありました。

 

となると、ちょっと邪道ではありますが、SWの小さいモデルを2ndラケットにしても良いかもしれません。

 

まあ、ストリングマシンも購入して自宅で張り替え出来ますし、週1回のテニススクール、草トーナメントや対抗戦にも出ないので、実際の所2ndラケットは不必要ではありますが・・・ちょっと興味が出て来てしまっています・・(^^;;

 

と言う事で、「もしも買うなら」という意味で候補になるラケットのスペックを整理してみました。

 

データはTennisWearHouseさんのサイトから拝借。(リンク先も同様です。)

  Strung
Weight
Balance
Point
Swing
Weight
Flex
Rating
String
Pattern
Head
Size
Length

Construction

★Babolat

Pure Strike Tour

340g

6HL

32cm

330 65 18×20 98 27 21.0mm / 23.0mm / 21.0mm

Babolat

Pure Strike (18x20)

323g

5HL

33cm

324 66 18×20 98 27 21.0mm / 23.0mm / 21.0mm

Babolat

Pure Strike (16x19)

323g

5HL

33cm

320 66 16×19 98 27 21.0mm / 23.0mm / 21.0mm

Wilson

Pro Staff 97

329g 7HL
32cm
320 66 16×19 97 27 21.5mm / 21.5mm / 21.5mm

Wilson 2015

Blade 98 (16x19)

318g 3HL
33cm
328 66 16×19 98 27 21.5mm / 21.5mm / 21.5mm

Wilson 2015

Blade 98 (18x20)

320g 3HL
33cm
327 64 18×20 98 27 21.5mm / 21.5mm / 21.5mm
★Wilson 2011
BLX Blade 98
320g 2HL
34cm
335 64 18×20 98 27 22.0mm / 21.0mm / 21.0mm

Yonex

VCORE Tour G 310

329g

7HL

32cm

317 63 16×20 97 27 20.5mm / 20.5mm / 20.5mm

Yonex

EZONE Ai 98

326g

5HL

33cm

322 63 16×19 98 27 23.0mm / 24.0mm / 19.5mm

Babolat

Pure Strike 100

306g

5HL

33cm

304 65 16×19 100 27 21.0mm / 23.0mm / 21.0mm

 ★印は現在所有(使用)しているラケットです。

 

希望のラケットとは?

メインのピュアストライクツアーよりも少し楽(らく)なラケットを2ndラケットに使用かと思います。

 

つまり、トップライト(32〜33cm)は維持しつつもスイングウェイトが少し小さい(315〜320)ラケットが希望です。

 

となると、データ的には「PureStrike16×19」が大本命です!(^^

そして、対抗として気になるのは「ProStaff97」ですね。

大穴では「V-core Tour G(310)」のカスタム(バランスを少しトップ側に)ですか!?

 

 

もう少し考察

ピュアストライクの良い点としてはフェイスの形状があります。 例えば、WilsonBlade98はスロー側(下側)の横方向がやや狭くなる逆卵形になっていますが、ピュアストライクは上下対象になっているのでスイートエリアが横方向に広い気がします。

 

これが個人的にどのように影響するかと言えば、インパクト時にスイートスポットからボール半分〜1個分下側(ラケットでは横方向)にズラしてスピンを多めにかける打ち方をする事があるのですが、これが上手い具合に打てるのです。

 

Blade98のような逆卵形の形状だと先端寄りにパワーがあるのですが、この打ち方をすると時には少しフレームショット気味に成る事があります。

 

なので同じ98平方インチでも縦長逆卵形よりも、上下対象の楕円形の方が好みです。

 

2015年のBlade98はコスメが好みですし、金黒BLXに比べて少しトップが軽くなっているようですが、やはりSWも大きく2ndラケットには難しそうです。

 

あとはProStaff97のフェイス形状ですが・・・やはりちょっと逆卵形???そしてストリングの無い状態ではバランスが30.5cmとの事でかなりトップライト?操作性は抜群に良さそうですが、ストロークのパワー不足が怖い所ですね。

 

でも・・・ちょっと気になります・・・。

 

 

V-core Tour Gを0.5cm程バランスをトップ寄りにカスタムしてSWを上げると良い感じになりそうな気もします・・・。

 

ん〜非常に悩ましい所です。全部打ってみたいな・・・。

 

 

 

って、「買う」とは決めていないのですが・・・。それに色々と物入りで、ラケット等買っている場合ではないのですよね〜。

 

 

よし、とりあえず妄想という事で落ち着こう・・・落ち着こう・・・(^-^