読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン44回目(Very Goodなフットワーク&祝!初ポイント練習)動画あり

a.息子テニス日記 a.息子テニス動画

フットワークが良くなり、打点が安定!

f:id:toshitama:20150328113452p:plain

1球だけではなく、ラリーの中で良いフットワークを継続する事を目標に頑張っていましたが、ようやくそれが出来た記念すべきレッスンになりました。

次のショットに備える意識が芽生え始めたので打球判断が早くなり、落下点までの移動がスムーズになりました。

その結果、打点が安定しミスショットが大幅の減りテニスの安定感が劇的に向上。実際、レッスンが終わってもネット際のボールが殆どありませんでした。

この動画の時点で20分以上経過し既にかなり疲れていますが「1:28〜」あたりからのランニングバックハンドはショット後のバランスも良く、最高のショットだと思います。(親バカ)

120%の本気(限界)の息子(7歳5ヶ月)を見られたのも良かったです。

 

 

 

前回のレッスンからの成長

「ただでは転ばない」と言いますか、学習できたと言いますか、兎に角最悪の出来だった前回のレッスンとは見違えるように良くなりました。

 

そして元の調子に戻ったのではなく、ずっと目標にしてきた事、つまり「越えられなかった壁」をようやく越えられたという意味では記念になるレッスンでした。

 

現状で満足せず少しずつ目標を上げていく事、悔しさを糧にして頑張る事、そういった事が大切ですね。(※ママにも試合で負けてしまい・・・)

 

自宅でも、おかれている状況、自分の課題を客観的に把握し、そして具体的にやるべき事をイメージ化する事に拘って親子で会話してきたのですが、それがやっと繋がってきた感覚があります。

 

本人もこれまでも感覚との「明らかな違い」を実感していましたし、Aコーチからもお褒め?の言葉ももらえました。

 

Aコーチは当初から『本人(息子)と私(コーチ)のコミュニケーションが重要』と仰っていましたが、1年経過した今振り返ると本当にその通りだなと思います。コーチも再三仰っていますが(Aコーチの国の公用語である)英語で会話できるのが大きいのだと思います。テニスの為ではなく英語を勉強していたのですが、思わぬ相乗効果です。

 

テニスの技術は勿論の事、テニスを通して人間的なサポートを沢山していただいており大変感謝しております。ありがとうございます。既にこの経験は息子にとって一生の宝に成る事だと思います。

 

初のポイント練習!

先日の「ママvs息子」の試合で傷心の息子を見ていた為か、今回のレッスンで一山越えたからなのか、それとも元々の予定だったのかは分かりませんが、遂に!初の!「ポイント練習」が行われました〜(^^

 

始めは打ち急いでミスばかりでしたが、次第に感覚が掴めてきたようで「テニスらしく」なっていきました。

 

コーチからも「最後の方はリスクのあるショットを最初から打たず、まずはしっかり粘ってクロスラリーが続けられていて、そこからサイドに振ってオープンコートを作り次にそこに打って・・・というのが出来ていて良かった。」と言ってもらえました。

 

残念ながら、「カメラのバテーリー切れ」と「iPhoneの容量不足」のダブルパンチで肝心の良いポイントの動画が撮影できませんでした・・・(^、^;;

 

撮影できていたポイント練習の動画をいくつかアップしておきます。

 

ポイント練習の動画 (7歳5ヶ月/小学1年生)