読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン45回目(初ゲーム! vs Aコーチ)

a.息子テニス日記 c.子育て

前回の初ポイント練習に続き、今回はAコーチとの初ゲームだったようです。

 

結果は 6-0、2-0 で1ゲームも取れず・・・(^^

まあ、当然ですね。

 

ただ、

  • 4回程逆をついてポイントが取れたり
  • デュースまで行ったり
  • DFも1回だけだったり
  • ボレーに出て抜かれまくったり
  • サイドアウトのエラーを沢山したり
  • ロングのエラーを沢山したり
  • 滑るスライスに全く対応できなかったり・・・etc 

 

と、色々な初体験があって、非常〜に楽しかったようです!(^^

 

レッスン後にはコーチからも「頭を使ってテニスしていて楽しそうだった。」とのコメントを頂いたそうです。

 

 

テニスを通しての子育

端から見るとどうなのかは分かりませんが、息子なりに真面目に上手くなろうという意志を持ってテニスを楽しんでいると思います。

 

と言っても、たかだか週に1回のレッスンですし、たまにスイッチが入って頑張る時はありますが基本的にはストイックにトレーニングする訳でもないですし、限界は低めに自己設定?していて自分に甘いですし・・(^^;; なかなか自由〜〜〜に良い塩梅でテニスを楽しんでくれていると思います。

 

ママ(妻)が息子に勝ってしまい泣かしてしまうのも、テニスの楽しさを削いでしまう行為ではなく、トランンプでもUNOでもアバロンでも同じ事で、単に勝負には厳しいママの日常(性格)。親子のコミュニケーションの風景。

 

パパ(私)が暗記ではなく概念からの理解を中心に熱く息子に教えたり、心理を見透かして誉めたり怒ったりするのも、テニスを強制したいのではなくて、何に置いても普遍のスタンス。テニスに関係なく親子の日常です。

 

という事で、息子もいつも通り、ノラリクラリと親の想定外を連発しながらも楽しんでくれていると思いますし、これからもそうであって欲しいなと思います。

 

それにしても楽しかった日の風呂上がりの息子は良く喋ります・・・ノンストップ!

まあ昔からなのですが、、、武勇伝??? (^-^;;