「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン122回目(2015年Wilsonの試打ラケット/ProStaff97、Blade98、Burn)

中級 SBコーチ 参加者:4名 コート:2

 

また振替受講です。

 

フォームチェック

テーマがストロークの基礎という事でフォームをきっちりチェックしてもらいました。

 

股関節の回転を使って打つ事の中で、フォアハンドなら打ち終わり時に左の股関節の上にしっかりのっかているように指導してもらいました。

 

その時はまだ理解しきれていなかったのですが、帰宅後に素振りでチェックしていて分かりました。

 

AMコーチからも言われていたのですが、伸び上がり過ぎて打つ傾向があるようです。上下動を減らし、回転力が逃げないようにするイメージです。

 

バックハンドではテイクバック時の股関節への荷重が不足している事を指導してもらいました。ここは自覚があったのですが、荷重が安定していないでの、引き続きフォームを固めていきたいと思います。

 

あ、そうそうレッスン後半でバテテ来たのですが、そういう時の為に2ndラケットを買ったのに・・・ラケットチェンジする事を忘れていました・・(^-^;

 

2015年Wilsonの試打ラケット/ProStaff97、Blade98、Burn

昨年は確か7月頃、今年はそれよりも早く試打ラケが入ってきました!(^^

 

先日、2ndラケットとしてPureStrike16×19を購入したばかりですが、「ちょっと早まったか?ProStaff97、Blade98の方が良かったらどうしよう?」などと、期待半分不安半分の試し打ちの開始です・・(^^;;

 

短時間で4機種(ナイロンストリング)を試したのと実践的には打っていませんので、第一印象といった所の感想です。

 

ショットの内容は以下の通りです。

  1. ショートラリー
  2. ボレーボレー
  3. 球出しからのFH、BHのストローク打ちっぱなし
  4. 球出しからのアプローチ、ボレー、スマッシュ

 

(1)ProStaff97

トップライトという事で、持った感じも振った感じも軽く感じ、振り抜きは良好。

 

実際に打初めての印象はと言うと・・・「無味無臭?」

 

振動は無く、粘りやしなりも無く、食い付くでも無く、弾くでもなく、カンカンした硬さも無く、気持ち良さも無く・・・。これといった偏った特徴はありませんでした。中空でない&しならない木のラケットというような感じ?

 

なので、ストリングのセッティング次第で大きく味付けを変えられそうな感じもあります。

 

しかし、剛性の高いフレームであることには変わりなく特に偏ったものもないので、全てのショットが打ち易く感じました。スピンも良く掛かります。

 

少し意外でしたが、万能な実践向きのラケットという印象です。

 

 

 (2)Blade98(16×19)

持った感じでは2世代前のBLADE98 BLXと比べると、トップヘビーからイーブンくらいにバランスが変わっている気がします。個人的にはちょうど良いです。

 

そして実際に打ち始めると・・・「めっちゃ気持ちよい!」

 

ボールを包む込むような気持ちの良いしっとり感、柔らかさがあり、凄くしなりますので乗り感、ホールド感もたっぷりとしています。

 

反面、少し強めにヒットして行くとホールドし過ぎる為か、気持ちよかった打球感がやや「重め」へと変化して行きます。

 

ストリングパターンが16×19と言う事と、テンション、ナイロンというような事の影響かもしれませんが、ボールを思い切り潰すような感じで打つとちょっと物足りない気がしますし、ずっとストロークを打っているとパワーがロスしている感じが勝ってきてしまい「気持ち良さ」から「しんどさ」に変わって行きました。スイートエリアは広いんですけどね。

 

あと、実際スイングスピードを上げてボールを潰してスピンを掛けると、狙った以上にボールの軌道が低く出ます。

 

16×19なのでいつもより上目に出ると想像していたのですが、ネットすれすれな感じでビックリしました(^^;; おそらく、しなり過ぎて打ち出しのタイミングが遅い事が原因だと思われます。

 

PureStrike16×19の場合は軌道自体は高くなり、スピンで落ちるのが早くて浅めになりました。更にハードヒットするとドーンと抜けてしまう事も。

 

BLADE98はそこそこのスイング速度でも十分にしなるので、トップスピンではなくフラッター向きのラケットだと思います。なら18×20の方が良いのかもしれません。

 

感覚的には「完全ボックス形状」のラケットようで、こっちの打球感の方が往年のProStaffっぽい?とも感じました。

 

兎に角、噂通り打球感の良い、乗り感のあるラケットという印象です。

 

(3)Burn95

これは短時間だけだったのと、元々のSteam95を打ち込んでいない事もあり、変化を感じる事はできませんでした。

 

ただ、高剛性で振動無く打ち抜く感じ、ぶっ潰す感じは健在で、スイートエリアも狭めで、飛び過ぎもせず、プレイヤーの技量通りの球が出る誤魔化しの聞かないラケットという印象です。

 

上級者がこれを使えば恐ろしく攻撃力のあるショットが打てるのだと思いますが、個人的には手に負えない代物でした。

 

私には実践で使える技量はありませんが、良いラケットだと思います!(^-^;

 

(4)Burn100

これは・・・ぶっ飛びますね。Steam100とは全然違う気がします。

 

ボレーは完全にブロックするだけベースラインまで楽々運べます。

 

いずれのショットもメチャクチャ飛びますので、男性なら相当スピンを掛けて調節して行くか、非力な女性が使うと良いのかもしれません。

 

いや〜、こんなに飛ぶのかと。

 

 

☆最後に☆

Sラケは打ちませんでしたが、次のレッスンで(まだラケットがあれば)機会があれば少し打ってみようかと思います。

 

打球感としてはBLADE98、機能で見ればProStaff97という印象でした。

 

もしもBLADE98を使うならポリにしてテンションを高めにして球離れを早くしたいかなと思います。

 

ProStaff97ならポリにして(場合によってはレッドテープを少し貼って)SWを稼いで使いたいかなと思います。

 

ただ、ピュアストライク16×19を買ったので、勿論個人的にはそれを継続使用して行きたいと思います。

 

今回も楽しく試打させてもらいました。ありがとうございました!(^^

 

 

ラケットの状態

  • PureStrike Tour(張上日:2/13、使用回数:8回、累計使用:12.0h)
  • PureStrike 16×19(張上日:3/27、使用回数:2回、累計使用時間:3.0h)

 

今回レッスンではTourのみを使用。(※一部は試打ラケット)

 

外気温が13度、張り上げから52日経過でテンションが緩んできたのか、Tourでもかなり柔らかくボールをホールドする感覚がありました。また、持ち上げが弱くなり、抜ける球も時々出始めています。

 

そろそろ張り替え時期かと思われます。