読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

徳島で花見&美味しいもの食べるぞ!の旅

b.旅行日記

久しぶりに何処かに行きたいぞ!という事で二泊三日の徳島旅行に!(^^

1日目

先ずは子供達の感性を刺激しようと大塚国際美術館へ。

 

最初に見たのは・・・「システィーナ礼拝堂の天井画および壁画」。

f:id:toshitama:20150403132747j:plain

ん・・・。美術、芸術には相当疎いのですが、何か違うぞ・・・。

 

たまたま15年以上前にローマのヴァチカン美術館で現物を見た事があったのですが、遠い記憶と言えど・・・全く違うように感じました。何故???

 

で、ここで気付きました。この美術館は大塚オーミ陶業の特殊技術による「陶板名画」がウリなのです。

 

なので、全ての作品が同じテイストののっぺり、つるっとした「タイル絵」みたいなモノなんです。

 

この1カ所で世界の名画が一挙に鑑賞でき、その背景などを楽しむにはうってつけの場所だと思いますが、「絵」を感じたいのであるならばかなりの肩すかし感が事は間違いありません。

 

ちょっと事前調査不足でした・・・。

 

という事で、子供達は全く興味を示さず・・・。

 

後半のピカソのなどの現代美術のコーナーでようやく少しだけ鑑賞してました。

 

「へぇ〜これがピカソですか〜。ほぉ〜。」とか言いそうな「おっさん」のように歩く息子。

f:id:toshitama:20150403143712j:plain

 

無意味にポーズをとる娘。

f:id:toshitama:20150403143642j:plain

 

で、そそくさと宿に。

f:id:toshitama:20150403162301j:plain

しかしながら渦潮も見れず、天気も最悪な感じで残念でした。

 

それでも温泉でポカポカになり、食事は中々、特に鯛飯が美味くて満腹になりました。

 

 

2日目

鯉のぼりです。大歩危(おおぼけ)まで船に乗りに来ました。

f:id:toshitama:20150404112846j:plain

 

半分以上は外国人。こんな所まで来るなんて凄いですね。もうそう言う時代です。

f:id:toshitama:20150404114048j:plain

 

奇跡的に雨は止んでおりラッキーでしたが、前日からの大雨の影響で川は濁りが酷い。

f:id:toshitama:20150404114505j:plain

 

あっという間に終わってしまいましたが、祖谷ソバを食べ(※息子はガッツリ唐揚げ定食)、鳴門金時のアイスを食べて、秘境の「かずら橋」を目指します。

 

 

はい、到着です!(^^

f:id:toshitama:20150404141420j:plain

 

近づくとこんな感じ。高さ焼く15メートル、長さ約40m。恐ろしく怖いです。

f:id:toshitama:20150404135820j:plain

 

下はこんな感じで激流ですし。いや〜久しぶりに「死」を感じました。

f:id:toshitama:20150404140830j:plain

 

側には「琵琶の滝」。 琵琶湖の方が大きいです。

f:id:toshitama:20150404141004j:plain

 

そして、つぎのお宿の「かずらや」さん! の客室からの画。雲の中ですよ。

f:id:toshitama:20150404144930j:plain

 

折角なので散歩に行きました。

f:id:toshitama:20150404161943j:plain

 

サクラも綺麗!今回はずっとサクラを見る事が出来、堪能できました。

f:id:toshitama:20150404162337j:plain

 

そしてカニも発見!

f:id:toshitama:20150404163013j:plain

 

娘も何とか触る事ができました。頑張ったね〜。

f:id:toshitama:20150404163235j:plain

 

写真は以上ですが、この「かずらや」さんのホスピタリティーは完璧!

 

料理も大変美味しかったのですが、本当に久々に感動しました。

 

40年以上前におじいちゃんが民宿を創業されたそうで、孫娘にあたる若い女性(女将さん?)が切り盛りされいらっしゃるようでした。

 

何と言いますか、仕事に対する気概が全くもって誓いますね。仕事を愛しているんでしょうね。次元が違います。素晴らしいです。勉強になりました。

 

大変お世話になりました。また、是非泊まりに行きたいと思います。

 

 

 

 

さて、悪天候の高速道路の運転は疲れましたが、ネットの情報だけで知ったつもりになるのではなく、ちょっとした事でも肌で感じる事が大切だなと改めて感じた旅行でした。

 

家に帰ると「我が家が最高〜!」となるのですが、また何処かに行きたいです(^^

 

次は、季節も良いのでキャンプかな!?