読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

9張り目(SignumPro Hyperion 1.24mm)

a.ストリンギング
f:id:toshitama:20150417114504j:plain
 

ストリンギングMemo

ラケット:バボラ ピュアストライク Tour

張り方:1本張り。クロスは下から。

テンション:55ポンド

ノット:パーネルノット

張り時間:1時間30分

200mロール:使用4回目(18.0本分)

 
18×20でも90分で張り上げができました!(^^ 
 
かなり良い感じで張れました! 多分・・・。
 

〜メモ〜

  • 基本全てを55ポンドで設置、ノット時には+7ポンドの62ポンド。
  • 縦の縮みを1mm以内におさめることが出来た。
 
〜気付き〜
  • メインを張る時に、1本あたり8秒以上分銅を静止させているが、その待ち時間に反対サイドのストリングを通しておく事で時短になる!今までは分銅の動きなどを観察していたが、ここの無駄を削減した。
  • 最初にラケットをセッティングする際に、今までよりも少しきつめに保持することで、ラケットの変形量を小さくできたように思う。
  • クロスはオールで叩く事でテンションをしっかりかけられるが、その分張り上げの時間はかかってしまう。これを削減すれば時短になる。

 

〜初打のチェック〜

  • 上手く張れたのでかなりの期待感を持って打ってみたのですが、ちょっと硬かったです・・・(^^;;
  • すっぽ抜けもなくなり、食い付きも良くなり、良いのですが、気持ち良さが少し足りない。
  • もしかすると、クロスを下から張り上げているためにトップ部分が硬くなり過ぎているのかもしれない。ミス無く張れたので、それが目立ってしまっているのかもしれない。
  • ノット時には7ポンドプラスにしているが、テンションをかけながら目打ちを行う等の対策をしており、目視ではノット時のロスがそれほど多くない印象なので、もう少しテンションを下げても良いにかもしれない。

 

 

 

う〜ん、期待したのでが、打球感が少し良くなかったですね〜(^-^;;

 

難しい・・・。

 

あ、そうそう、グリップテープの手持ちが無くて普段とは銘柄が違う安いもの(薄め)を使用したのですが、その結果右手の中指の付根を打撲?してしまいました。細くて、表面が滑り易くて、打球時にグリップが滑っていたようです。

 

 

さて、どういう「球」に合わせるのかを明確にして、全体のテンションとクロスのテンションを再設定したいと思います。