「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

小学生テニス大会 1stゲームの動画

 

赤いシャツが公式戦にデビューした小学2年生(7歳6ヶ月)の息子です。

これはその1回戦の第1ゲームの動画です。

ちなみに最後のポイントが抜けていますが、ラリーから相手がネットにかけてブレイクに成功し、­ゲームカウント0-1となりました。

しかし、その後は8ゲーム連続で取られて1-8での敗戦となりました。

また試合に出たいと言っていましたので、良い経験になりました!(^^

 

 

この試合の経験、その意味

Aコーチからも何時も口酸っぱく言われている事は「兎に角楽しむ事が一番!」という事。

 

これ本当に大事だと、最近つくづく思います。

 

この試合の当日にAコーチの元へ「負け報告」に行った息子です。

 

「勝ち報告」なら行けて当然かもしれませんが、負け報告はなかなか行き辛いものだと思います。

 

今までの息子なら行けなかったかもしれません。おそらく。

 

しかし、しっかり自分で報告できた姿を見るに、本当に楽しめているなと安心しましたし、Aコーチを心から信頼しているなとも感じました。大感謝です。

 

試合結果ではなく、一生懸命練習した事が試合で少しでも試せたり、それが楽しく感じられたりという、息子なりのそういう部分がしっかりと存在したようです。

 

これは苦い体験ではなく、良い経験になったなと感じた訳です。

 

これからももっとテニスを楽しんでくれたら嬉しなと思います。