「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン126回目

上級 KMコーチ 参加者:7名 コート:2

 

今月はネットプレーがテーマのようで、ボレーが少し多めのメニューでした。

 

1.フォアハンド
  • 少し伸び上がりが早い事。
  • 少し腰のターンが弱く、腕で打う事が多い事。

この辺りが要調整ですが、毎回足を使って良い打点に入って打つように意識しているおかげで調子が上がってきました。

 

2.バックハンド
  • 左手主導の意識を更に強める事。
  • 気持ち面を伏せ気味にテイクバックする事。
  • しっかりと軸足である左足をステップして荷重する事。
  • 毎回同じ打点になるように足を使って入りを丁寧にする事。

フォアに比べると入りが不安定になりショットも乱れがちですが、良いインパクトのショットが随分と増えてきました。

 

3.サーブ
  • トスの位置を細部まで拘る事。
  • 膝をリラックスさせ、ラケットも脱力させヘッドを走らせる事。

強めのトップスライスで少し調子が戻ってきました。

 

4.ボレー
  • ローボレーはスライスボレーではなく、フラットボレーを意識する事。
  • スプリット後のステップを確実に入れる事。

サンプラスのローボレーのような下から上のイメージで打つ事でネットエラーを減らせそうな感触がありました。

 

5.リターン
  • 打つ前にある程度のコースをイメージしておく事。
  • スプリットとステップを確実に入れる事。

そこそこのスピードのサーブに対してもベースライン上、または内側で余裕を持って打ち込める感覚が維持出来ている。毎回自信を持って集中さえ切らさなければ、良い感じでリターンから攻め込める。

 

 

 

 

仮に調子が良くても「不思議がらず」自信を持って打ち続ける事が大事になってくる。

 

 

 

ラケットの状態

  • PureStrike Tour(張上日:4/17、使用回数:3回、累計時間:4.5h)
  • PureStrike 16×19(張上日:3/27、使用回数:2回、累計時間:3.0h)

 

今回はTOURのみを使用。