「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン52回目(スタミナ切れ〜)

今回のレッスンでは以下の3点を習ったようです。

  1. トップスピンへの反応を早くする
  2. トップスピンは素早く下がって対応する
  3. スライスのテイクバックは高くする

 

あと、技術的な事ではありませんが「スタミナ(体力)」に関してが一番ポイントだったと思います(^^

 

 

スタミナ切れ

今回はウォーミングアップ?のラリーが永遠と20分も続きました。

 

まあまあ調子も良かったのでネットやアウトも少なく、1回のラリーがかなり長くなっていて、このラリー練習が終わった時点でもうヘロヘロ・・・(^-^;;

 

暑さもあって、完全にエネルギー切れです。

 

そして、ここからフットワークを交えた球出し練習が始まったのですが、もう足が歩くようにしか動いていません・・。

 

しかし、容赦なく?練習は続きます・・・(^^

 

これ、仮に私(親子)との練習だったら、絶対に頑張れていないと思いますが、コーチ相手のレッスンなので逃げられませんし、集中しないわけにもいきません。

 

更にAコーチからは「限界を超えるごとにちょとずつスタミナが着いて行くよ。」というようなキツ〜い内容を優しいトーンと言葉で語られていました。

 

おそらくですが、7歳児にして己と戦っていたと思います。表情がちょっと切れ気味。

 

わ、笑っちゃいけませんが、、、笑えます!

 

(気質だけ)おぼっちゃま君!? テニスはキツいんだぞ!夏は暑いんだぞ!頑張れよ〜〜〜(^.^

 

という事で、最後まで何とかやり遂げた事は誉めてあげましょう。

 

 

バックハンド ドライブ編

 

バックハンド スライス編

 

終わりの様子で分かるように、完全にヘロヘロでした。