読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

代車のルノー キャプチャーの感想など。(追記あり)

Renault Capture

え〜グレードは何だったかな?2トーンなのでインテンス?
説明されなかったので分かりません・・(^^;;
f:id:toshitama:20160207154729j:image
なかなかオシャレなデザインです。

f:id:toshitama:20160207154737j:image

2トーン、今では流行っておりますが、Avantimeを思い出しますね。
って、うちのClassic MiniもCooperなので2トーンでしたね(^^
f:id:toshitama:20160207154753j:image
 

キャプチャーの簡単なインプレ

我が家のメガーヌRS、、運転席シートのワンタッチウォークスルー機能の修理のため入庫させました。
 
代車でキャプチャーをお借りし、京都から滋賀まで高速道路を中心に50km程走行したので簡単な感想など。
 
全体的な乗り味としては、周期の長い揺れと深いストロークと大きめのロールから構成される「ゆったり」とした感じですね。たっぷりとしたシートと相まってゴツゴツした感じは皆無です。スタッドレスタイヤ(X−Ice)であった事も更にまろやかさを増長したのかもしれません。
 
デュアルクラッチ式のトランスミッション6速DCTの変速もスムーズで1.2Lターボエンジンでも高速道路を過不足なく走れます。MT車ライクなフィーリングではなく穏やかなDCTであり、実用的なエンジンも決して「でしゃばる」事無く「ゆったり」した乗り味を支援しているようです。
 
ブレーキフィールは踏んだ分だけ制動力が増す感じで中々良かったです!
 
シートの出来も中々良いので、おしゃれな車で「ゆったり」「のんびり」とドライブするのが好きな方には最高の車ではないでしょうか!(^^
 
 
【あくまで、「個人的」に気になった点】
比較対象がメガーヌRSになってしまって酷かもしれませんが、一番気になったのは「細かな揺れ」が収まらない事ですね。僅かではありますが、常に「ひょこひょこ」と動いている感じがします。メガーヌRSは感動的な程に「びしっ」としているので。
 
それでも乗り心地に定評のあるC4ピカソと同等であり、段差などをいなす感じはそれより上なので、一般的にはかなり良く出来た部類かとは思います。
 
あと背の高いSUVなので仕方は無いのですが、ロールが深いのでコーナリングを楽しむような感じではないかな〜と感じました。
 
エンジン、ミッションとも日常的な範囲で不足はありませんが、積極的にスポーツドライブを楽しむとなると、力不足ですね。
 
ジワジワと加速して巡航に持ち込めば全く問題ありませんが、小排気量なので急加速を求める事は難しいですね。
 
あとは、低速時の電動パワステフィールが軽過ぎかな。速度が上がれば落ち着いてくるので、低速時もこれくらいの味付けになると好まれると思います。
 
最後は、完全に体質と言いますか好みの問題なのですが、ミニバンやSUVなどのシートポジションが高い車だと血行が悪くなるのか、足がむくんでくるのです。
 
座り心地は良いのですが、何故かな〜?普通は高いポジションの方が楽だと言いますよね。
 
総合的にはドライビングを楽しむと言うよりは、ファッショナブルで快適な車といった位置づけでしょうか。
 
 
 
 
 
という事で、やはりメガーヌRSが最高過ぎて、良い出来のキャプチャーに全く心がときめか無かったというのが本音です・・・(^ー^;;
 
そこそもターゲットが違うのに比較するのが間違っているのですが・・・。
すいません・・・。
 
あ〜1秒でも早くメガーヌが帰ってきて欲しいです!!!!!
 
 
 
【追記】
あれから少し乗り、少し印象が変わった部分があるので追記します。
 
発進のトルクもあり、ゼロ発進からの出だしは速い部類に入るかと思います。100km/hまでの加速や巡航で不都合は全くなく(むしろやや速いと感じる)、速度感が無い程に安定もしているます。
 
6速DCTはスムーズであり、一昔前のフランス車の「変速ショックのあるトルコンAT」や「タイムラグのあるシングルクラッチ2ペダルMT」とは全く別ものです。
 
また、ハンドリングは素直で狙い通りに車を持って行く事ができるので、総じて非常に運手の楽な乗り易い車だと思います!(^^
 
 
 
一方、少し目線を変えてみる印象も変わってきます。
 
スムーズなDCTのフィーリングを言い換えると昔の日本車の「流体クラッチ式のトルコンAT」とそっくりで、燃費を稼ぐためなのかアクセルオフ時にはエンジンブレークはかからず空走感が強く出ます。
 
フランス車でよく使われていたAL4のような積極的にエンブレを使って減速しますよ的なトルコンATフィーリングとは対極的です。
 
マニュアルモードでシフトダウンしてもVWのDSG(デュアルクラッチ)やシトロエンのEGS(シングルクラッチ)のようにダイレクト感のあるつながりではなく、「やめてくれ〜」と言わんばかりの感じです。
 
2速と3速も少し離れているのかな?減速時に使えるギアがありません。ステアリングに「パドル」が備わっていないのも妙に納得してしまいます。
 
なので、減速時にはフットブレーキに頼る事になるのですが、このブレーキの効き具合が少し弱いですね。
 
カックン系ではないのは非常に好ましいのですが、そこから踏みまして行っても思ったよりも少し効きが下回るんです。
 
そして、ノーズダイブとまではいきませんが、イメージした位置に停止させようとすると、やや「つんのめる」感じになってしまいます。
 
結構、これが繰り返されると披露に繋がり、ドライビングの楽しさを削いでしまうんですね。もう少しブレーキ容量に余裕が欲しい、もしくは踏み増した際の効き具合を強めて欲しい感じがしました。
 
このようにDCT搭載車ではありますが、輸入車好きやMT好きの方の好むフィーリングとは違っていると思いますので、注意が必要かもしれません。
 
全く不満のないエンジンですが、これもアクセルを少し踏んだとしてもアクセル開度は多めになる制御が入っていると思います。
 
それでも燃費が良いのは凄い事ですね!(^^
 
 
 
個々人で感じ方の違いが大きいシートについてですが、やや小ぶりで、悪くはないですがもう少しという感じです。
 
シートポジションを下げて、背もたれを少し倒して足を投げ出すような姿勢で座れば、太もも裏もサポートされて良い感じにはなりますが、背もたれを立てて、肘が適度に曲がる正しいポジションを取ると太もも裏のサポートが足りず、お尻に負担が集中する感じでした。
 
つまり、もっと手足が長ければ良いというオチかもしれません、悪しからず・・・
(^ー^;
 
 
 
そんな感じで、ミニバン的?SUV的?クロスオーバー的?というのが適切なのかは分かりませんが、フランス車(ルノー)と日本車(日産)の中間くらいの車かな〜という印象でした。(※勿論、ルノー車です!)
 
 
 
ちなみに、うちの妻は「運転し易い〜楽〜。」と喜んでおりました(^^